タイ人女性の結婚観は?何歳までに結婚したいと思ってる?

タイ人の中でも、日本で一時流行った『負け組』という言葉を聞く場合があります。日本の場合と比較してタイ人が持つ負け組のイメージは一体どのような物なのでしょうか?

 

日本とあまり変わらない感覚

 

タイ人女性が持っている負け組のイメージとしては、日本のそれと同じでだいたい30歳前後までに(どちらかというと30歳までに)結婚できなかった場合が「負け組」というイメージのようです。ただし、都心部では、日本同様仕事に力を注ぐキャリアウーマンの活躍も目立ってきているので、特に外資系の会社で仕事をしている女性はどんどん婚期が遅れていう傾向にもあるようですが。

 

タイ特有の文化の結婚観

 

ただし、ここで少し注意が必要です。というのも、タイという国は恋愛に関してかなりフリーな面があるということです。ここからは日本の常識があまり通じないので注意してください。

 

恋人関係にも色々な種類がある

 

まず、タイの場合恋人という名称が使われるのは、男女の中だけではないです。男子同士という場合もありますが、それ以上に多いと思うのが女性同士の恋愛です。これは本当に驚くほど多いです。

 

そういった子たちの場合、最初から結婚という概念が私たちの持っているものと異なるので、結婚観がどういうものかと言われてもはっきりと言えません。しかも、女性同士で恋人となる場合、女性役の子は女性だけと付き合い続けるわけではなく、良い人がいれば普通に男性と付き合って、結婚する場合もあるのです。

 

婚姻届を出さない結婚

 

これもタイ特有の文化だと思いますが、夫婦と説明された方が実際には日本で言うところの婚姻届を出しておらず、内縁の夫婦という関係であるということが非常に多いです。

 

また、例えば3人兄弟がいたとして、その子達の全ての男親が違う(子どもはたいてい女性が引き取るようです)という事もザラで、今一緒に暮らしている男親とは全く血が繋がっていないという家族もよく見かけます。

 

この為、日本の場合には婚姻届を出した時点で夫婦になるという結婚観がありますが、そういう意識自体がタイにはあまりないのです。

 

ただし、これはタイ人同士の場合の話であり、外国人と結婚しようとする場合にはきちんと婚姻届を提出しているようですが。

 

これは、外国人の方の母国での婚姻に関係する法律のことがあるからだと思いますが、タイの様な考え方の国の方とか、あくまでタイにいる間の遊びとして付き合っている様な人の場合には、届け出も出さずに、子供だけ作って逃げるという人も多い様です(そうならない様にするためにタイ人女性も頑張って婚姻届を提出しようとするのかもしれませんね)。

 

以上の事からまとめると

 

・ タイ人女性もできるだけ20代のうちに結婚したいと思っている
・ ただし、都市部で外資系の会社で働いている様な女性は結婚よりも仕事を優先させようとする人が多くなっている。
・ 都心部から離れた地方ではどちらかというと婚期早い(婚期と言わずに出産という方が正しいかもしれませんが)
・ 婚姻届を出さない内縁の夫婦という形も結構多いため、どの状態を結婚と考えるか日本人には判断が難しい場合がある。

 

こんなところでしょうか?都心部で彼女の部屋に子供がいなくても、田舎に子供預けているという事もよくあるので早めに確認しておく方がいいかもしれませんね。

 

タイ人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会える場所は?おすすめの出会いスポット紹介


外国人と上手く付き合うコツ・外国人の恋愛観は?


外国人(海外)のセックス事情は?

このエントリーをはてなブックマークに追加