香港人はどのくらい英語話せるの?英語も通じる?香港人と付き合いたかったら中国語を覚えるしかない?

香港人と結婚して香港で暮らすようになってから、苦労したのが「言葉」の問題です。

 

私の場合は、移民系の香港人との結婚であったため、付き合っている時からふたりのコミュニケーションに使用する言語は英語で、相手の家族を含めた家庭内での会話も全て英語でされています。

 

日本の実家の両親は英語が得意ではないため、相手やその家族となかなか意思疎通が取れないことも多々ありましたが、最近では簡単な英単語と身振り手振りで何とかやっているようです。

 

香港はイギリス領だった頃の名残で、街のいたるところで英語の表記を目にします。

 

大切な交通機関のひとつであるMTRでは駅名や注意事項が英語で記載されているだけでなく、車内で流れているアナウンスも英語なので、香港のもう一つの主要言語である広東語が理解出来ない私のような状況の方でも、それなりに街中を移動することが可能です。

 

「香港のもう一つの主要言語」という表現をしましたが、日本では日本語がかなりの割合を占めているのに対し、香港では、英語、広東語、そして北京語、と大きく分けても三つの言語を話す人たちが暮らしています。

 

まだ小さい子供たちの幼稚園、小学校についても、その三つの言語のどれをメインとして授業を行うのか、という視点から選び入園、入学を決めなければなりません。

 

香港の香港島側や空港近辺で働いている人は欧米諸国の人たちに混ざり、流暢な英語で仕事をこなし、朝のコーヒーやランチも当たり前のように英語で注文している、という方が多いようです。

 

見た目は完全にアジアの香港人でも、通っていた学校、家庭の環境で広東語よりも英語が得意、北京語は全然話せない、という人たちともたくさん出会いました。

 

その一方で、家庭内では広東語を使用して、学校や職場では英語、最近では中国本土とのやり取りに北京語も欠かせない、ということで現在の香港で重要視される三つの言語を上手に使いこなしている方たちもいて感心させられます。

 

職場などでやり取りするメールや重要書類は英語を使用することが多いので仕事をする上では英語が出来れば何とかなりますが、実際の暮らしについては、広東語が出来ないとかなり不便だな、と感じています。

 

特に、九龍サイドや新界地区での買い物、タクシー、バスを使用しての移動、レストランや麺屋さんでの注文など、地元の人たちに溶け込んで香港で暮らしていくにはやはり広東語が必要だと痛感しています。

 

そうした地元の人たちも、日本よりは英語に触れる機会が多いこともあり、こちらの言いたいことを理解しようとしてくれますが、香港のいろいろな場所でコミュニケーションを取りながら生活していくためには、英語、広東語、その二つが出来るにこしたことはないと思います。

 

そして北京語、これが出来れば、仕事の選択肢もぐっと拡がるのが現状です。

 

香港人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会える場所は?おすすめの出会いスポット紹介


外国人と上手く付き合うコツ・外国人の恋愛観は?


外国人(海外)のセックス事情は?

このエントリーをはてなブックマークに追加