女性・32歳・旅行業・和歌山県 デート相手:ネパール人男性

 

私は、念願のトレッキングを実現するために訪れた国はヒマラヤのあるネパールです。

 

最初に彼と出逢ったきっかけは、宿泊ホテルへ迎えにきてくれた現地ガイドさんと観光客としてでした。

 

エベレスト街道10日間を、一緒に歩いてもらう中、仲良くなるまで時間はかからなかったですが、

 

その時は、ガイドと観光客の関係でしたが、トレッキング終了時にお互いの連絡先を交換していました。

 

念願を叶えてくれたガイドさんに、帰国後お礼のメールを送ると、折り返し返信をくれる方でした。

 

出逢ってから次の夏、日本=静岡にいるお兄さんを訪ねてやってきたと突然メールが届きました。

 

当時、私も静岡の近くに滞在していた偶然から、今度は私がガイドとして富士登山に誘いました。

 

日本で最初のデート=再会するきっかけでした。

 

富士登山の日程は、台風が続いていた為、天候の様子を見ながら夏登山が閉山した9月初めに決めました。

 

彼は、日本に不慣れで1人で出かけるのが難しいことから、彼のお兄さんも以前はガイドだったことと、

 

富士登山は初めてということだったので、一緒に誘うことにしました。電話で待ち合わせ時間・場所など説明して、

 

富士宮駅前で待ち合わせをしました。

 

 

 

ネパールで出逢ってお世話になった人と日本で再会するなんて、思いもしてなかったことだけに嬉しさでいっぱいでした。

 

そして、再会した時、最初に話しかける言葉を考えていたのですが、少し緊張していて上手く伝えられず、笑顔でごまかし

 

日本語の通じるお兄さんへ助け舟のように、話しかけていました。また、お兄さんが一緒にいてくれたことで、通訳をして

 

もらいながら気持ちを伝えることができて大変助かりました。

 

 

 

その後、私の自家用車で富士5合目まで目指し、一緒に5合目~山頂へ歩き登頂しました。天候は快晴ではなかったのですが、

 

途中晴れ間が見えたり、山頂付近では急に霧で真っ白になるほど天候が変わったり、登頂後もすぐ下山することになりましたが

 

下山途中に虹を見ることができて感動したことを思い出します。

 

 

 

登山途中に出会う人達ともすぐに仲良くなる彼は、スイスから富士登山にきていたカップルと、その場で連絡先の交換をし、

 

ヒマラヤトレッキングのガイドを約束したり、すれ違う登山客と人見知りなく仲良くなれる方で、おしゃべり好きな方という印象でした。

 

人生2度目の富士登山でしたが、ヒマラヤの認定ガイドが一緒に登山してくれている安心感は大きかったです。

 

下山後、富士登山をきっかけに更に仲良くなり、また、次のトレッキングの約束をしました。

 

外国人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会える場所は?おすすめの出会いスポット紹介


外国人と上手く付き合うコツ・外国人の恋愛観は?


外国人(海外)のセックス事情は?

このエントリーをはてなブックマークに追加