デート相手:台湾人女性  東京在住の30代男性

 

夏の暑い日、東京池袋のサンシャイン通りで信号待ちしてる時のことでした。道に迷った様子の女性がこちらに来て、困った表情でサンシャイン60の場所を訪ねて来ました。外見は日本人に見えたのですが、どうやら日本語が話せないよう片言です。ちょうど自分もサンシャインに行く予定だったので、一緒に行きましょうとなり案内しました。「ジャパン、ハット」と何度も言ったので、てっきり日本の帽子が欲しいのかと思ったのですが、日本は暑いという意味で勘違いでした。その後、サンシャイン60で一緒にケーキを食べて冷たい物を飲んで話が盛り上り、アドレス交換をしてその日はお別れをしました。彼女は台湾から観光に来ていて、後日台湾から手紙が届き次回日本に来るときは会う約束に至りました。

 

再会したのは3か月後の秋。前回と同じサンシャインプリンスホテルに泊まるということで、初めて会った時に行ったケーキショップで待ち合わせしました。先にお店に入り待っていると、お店の窓越しに彼女の姿が見えたので手を振って案内。以前より素敵な雰囲気になっていてドキドキしました。デートの場所はサンシャイン水族館と決めていたので、お互いかなり楽しみにしてケーキを食べたら直行しました。台湾人で女性一人旅が出来る程なので、どうやら彼女はお金持ちの家の子のようでした。夏に出会った時はスリムで小島瑠璃子似でしたが、少しふっくらして石川梨華のような感じになっていましたがとても可愛い女性です。日本語を少し覚えて来たようで、前回の時より話が盛り上り親密感も生まれました。水族館へ行くとライティングが綺麗で館内がお洒落になっていたので、自然と手を繋ぐ感じになってました。台湾にも水族館があるようですが、日本の水族館の魚の種類の多さに感激していました。中でもラッコやペンギンにふれあえるシーン時の表情はとても可愛らしく、彼女の人間性が肌で感じ取れてこちらも感激してしまうほどに。水族館を大満喫した後は夕食を食べにステーキ店へ、メニューがよくわからないようなので説明してあげたら嬉しそうな表情をしていたのが印象的でした。美味しい大満足な食事を終えて、最終的には別れ惜しくなりそのまま一緒に過ごすことに。彼女の素性がよくわからないままでしたが、お互いありまのまま接する事が出来たので男女の関係には国は全く関係しないのだと痛感しました。デートを終えて互いに強い情熱を感じてしまったので、出会った時以上により強靭な絆が生まれました。

 

外国人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会える場所は?おすすめの出会いスポット紹介


外国人と上手く付き合うコツ・外国人の恋愛観は?


外国人(海外)のセックス事情は?

このエントリーをはてなブックマークに追加