ペルー人が抱いている日本へのイメージ・偏見

 

私がペルー人の男性と付き合う中で感じたペルー人が抱いている日本へのイメージ・偏見を紹介したいと思います。

 

ペルー人の彼から見た日本

国民性に関して、どの国の人であっても不思議だと感じることはあります。

 

ペルー人から見たとき、「日本人は何が楽しくて生きているのか分からない」と言われたことがあります。

 

朝早くから、夜遅くまで仕事して家族との時間を大事に過ごさないことや、笑顔が少ないこと、常に眉間にしわを寄せている人や、周囲の目ばかりを気にしていることも、理解できないと言われたことがあります。

 

日本人が過労死するという時代は遠のいてきましたが、当時は働きづくめで日本人の価値観に、同情する人もいました。

 

ペルーに比べれば、豊かに映る反面、不幸に見えている部分もあったようです。また、日本人はポジティブではないということを言っていました。

 

楽観的に物事を考えればいいのに、物事を複雑に考えるのが得意な国民性だと言われたことがあります。

 

これは、彼の周りにいる日本人に対する偏見だったと思いますが、日本人は真面目過ぎるというイメージを持っていました。

 

ペルーでマチュピチュを観光地にしたのも、日本人だったようで日本人が周囲のことを考えて行動する人格者だと思っている部分もありました。

 

日本は漫画やゲーム文化

 

近年は特に、コスプレをはじめとして漫画やゲームなどの「オタク文化」が根付いています。

 

他国からも日本への来日目的がコスプレのイベントや、ゲーム対戦、漫画をきっかけに観光にくるという意見を聞きますが、私が当時付き合っていたペルー人の男性は、子供の頃から日本に住んでいたこともあり、漫画やゲームなどは子供の頃から身近にありました。

 

それは、成人を過ぎても特別ハマることもなく、人と人との触れ合いの方が大事だと考えていることもあり、漫画文化やゲーム文化にハマることはありませんでしたが、彼の友人であるペルー人からは、日本といえばテクノロジーが発展している国というイメージを持っていると言われたそうです。

 

日本は治安がいい?

 

当時の彼は、日本人は親切な人が多いというイメージも持っていました。

 

犯罪は少なく治安が良いといいますが、日本も充分危険だと思うのは、他の国の治安状態がどれほど悪いものなのかと考えさせられてしまいますね。

 

財布を落としても交番に落とし物として、届けられていることに驚いていました。

 

主観的ですが、日本人も良い人と悪い人がいるし、外国の方も良い人と悪い人がいるという印象を持つのが自然なことだと思います。

 

ペルー人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会える場所は?おすすめの出会いスポット紹介


外国人と上手く付き合うコツ・外国人の恋愛観は?


外国人(海外)のセックス事情は?

このエントリーをはてなブックマークに追加