ペルー人男性とデート・付き合う上での注意点・タブーは?

 

私がペルー人の男性と付き合う中で感じたペルー人男性とデート・付き合う上での注意点・タブーを紹介したいと思います。

 

デートスポットは?

 

ペルー人男性とのデートで多かったのが、ビリヤードやダーツ、クラブで一緒に踊るのが好きなペルー人の男性は、お気に入りのヒップホップの曲をかけながら、ドライブをすることもありました。

 

夜のデートが多いせいか、いつも香水をつけて甘い香りをさせるのがペルー人男性の特徴でもあります。

 

初めてビリヤードをする姿を見て、様になっていることから、カッコいいと思ってしまうのですよね。

 

また、恋人の写真は車に飾るので、気恥ずかしさはありますが、自分の彼女だというアピールが強いのもペルー人男性の特徴かもしれません。

 

ペルー人男性との付き合い方

 

ペルー人男性は、嫉妬深いので誤解をさせるような行動をすると、喧嘩の原因になるので、誤解をさせない行動を心掛けると良いですね。

 

また、デート中のハグやキスは公の場所でも求めてきます。

 

イチャイチャするのは、二人きりの時でいいのでは?と思う日本人の考えに理解できない部分もあるようで、求められたときに戸惑ったり、周囲を気にしてベタベタしなかったりという態度をするだけで、不機嫌になることもあります。

 

周囲の目を気にする日本人の国民性と、ベタベタしたいペルー人がいるというのも理解しておくと良いでしょう。

 

そして、ベタベタ好きの彼の場合、やんわりと逃げようものなら、拒絶されたと思ってしまうこともあります。

 

それが原因で別れてしまうこともあるので、話し合いを重ねるか、周囲を気にせず二人の世界に入るということもひとつの考えかもしれません。

 

家族の批判はNG

 

ペルー人の男性は、母親をリスペクトするところがあるので、母親を批判するようなことをいうとたちまち、距離が離れていきます。

 

日本人の感覚では基準が母親になってしまっていると、「マゾコン」だと言われることがあります。

 

日本のマザコンは母親からの自立ができない状態のことを言いますが、ペルー人の場合は、自分を生んで育ててくれた母親に恩恵の気持ちの念が強く、母親のために力になりたい、力になるのが当然だと思っています。

 

つまり、そんな自分の一部だと思っている母親を批判しようものなら、自分のことを言われていると同じだと受け取ってしまうので、喧嘩しても絶対に家族の話を持ち込まないほうが賢明です。

 

もちろん、母親だけでなく、父親や兄弟のことも強い絆で結ばれているので、どんな理由があっても二人のことに家族を持ち出すのは避けたほうがいいです。

 

ペルー人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会える場所は?おすすめの出会いスポット紹介


外国人と上手く付き合うコツ・外国人の恋愛観は?


外国人(海外)のセックス事情は?

このエントリーをはてなブックマークに追加