ベトナム人の結婚観は?何歳までに結婚したいと思ってる?

日本と違い社会主義国のベトナムですが、思想の違いは結婚観の違いにも影響があるのでしょうか?その辺を調べてみました。

 

なるべく早くの結婚を望む

基本的にベトナム人女性というかベトナムでは早く結婚することを望む傾向が強いです。この為女性で30歳を過ぎて独身という方はあまり見かけないですし、25歳を過ぎた女性で結婚もしておらず彼氏もいないという女性は、結構焦っているように見える場合が多いです。

 

この為、ベトナムではどちらかというと早婚が主流のような感じで、20代前半で結婚しているという人がかなり多いように思います。これは「早く子供が欲しい」という考えが根底にあるようで、しかもどちらかというと結婚する本人たちよりも両家の親だけでなく親戚一同からの「早く孫を見せろ」という様なプレッシャーが非常に強いとう感じもします。

 

ちなみにですが、今も地方の田舎出身の子の場合、男性女性ともに結婚前に病院にて生殖機能に関しての検査を実施し、その結果を持って婚姻の許可を得るという風習があります。このことからも『結婚=子作り』という考えが未だに強く残っている国だと思います。

 

この早婚の考えは、都市部でも未だに強く根付いているので、他の国の様に都市部だと結婚に対して晩婚ぎみ(30歳までに結婚すれば良いという様な考え)はなく、遅くても20代中には結婚をしたいという考えが主流になっていると思います。(メインはあくまで20代前半です)

 

個人同士の結婚ではなく家族同士の結婚

また、これは一昔前の日本でも同様だったと思うのですが、結婚とは当事者の二人が一緒になるというだけでなく、お互いの家族(一族という方が正しいかもしれませんが)が一緒になるという考えが未だに強いです。このため、ベトナム人女性と付き合い始めると、すぐに「ご両親に合わせてくれる」「実家に連れて行かれる」ということがあります。

 

日本人からすると実家へ行く、ましてやご両親に会いに行くのは、お互いに結婚する意志が固まってきてから、と思う人が多いと思うのですが、こちらは付き合い始めの時点ですぐに連れて行こうとされます。しかしこれは彼女から結婚を迫られているわけではなく、結婚は家族同士の付き合いであり、付き合うということは結婚につながる過程の一つという思いがあり、とりあえず家族に紹介しておこう、という程度の感覚なので、あまり深く考えない方がいいと思います。

 

もし、あなた自身が日本の感覚で、「まだご両親にあったり、実家に行くには早い」と感じるのであれば、それをキチンと説明してあげれば彼女も納得してくれると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加