ベトナム人はどのくらい英語話せるの?英語も通じる?

外国人女性と付き合う、となると最初に大きく立ちふさがる壁は言葉の壁です。ベトナム人女性と付き合いたいけど、何語で話せば良い?という不安が最初に来ると思います。そこで今回はベトナム人の語学の実態に関してご紹介します。

 

以外と英語が通じるベトナム

 

地方都市では無理ですが、外国人が多く訪れる観光地や都心部では、以外と英語が通じます。

 

タクシーの運転手には通いない場合も多いのですが、そういった場合ホテルや有名な建物の側にはタクシーの配車の整理をするタクシー会社の方がおられ、その方が英語を話せるので、よほど辺鄙なところに行こうとしない限りこの方に話をすることでなんとか問題をクリアできます。そう考えると、ベトナム語がダメでも英語が話せれば、なんとか生きていける国だと思います。

 

また、ローカルのお店でもベトナム語が話せれば一番良いと思うのですが、ベトナム語が話せなくても英語が話せれば、お店の人が近所の英語が話せるなんとか通訳が出来る人を探してきて、その人を使ってなんとか意思疎通をしようとしてくれるので、そういった意味でも英語ができればなんとかなる国だと思います。

 

日本語熱も非常に高いベトナム

 

親日家が多い国というか国自体が親日国であるベトナムでは、片言でも日本語が話せるという人が多いです。しかも、自分の話せるレベルがどれくらいか、ということは全く考えず、とにかく日本人と日本語で話そう、とチャレンジをしてくれる人が多いです。

 

なので、日本語でなんとなく生活できるという国でもあります。また、自分のスキルアップのために日系企業に努めようとする人も多く、そのためにも「日本語を勉強しておきたい」という人も多いので、そういった意味でも日本語を学ぼうとしている方が多い国だと思います。

 

現地の人とコミュニケーションをするためには現地語が必要?

 

ベトナム人女性と仲良くなるためには、現地語で話せる方が有利なのでは?と考える人もいると思いますが、この考えは正しいです。

 

そうなるとベトナム語を勉強する方がいいのですが、ベトナム語は日本人にとって非常に難しい言語だと言えます。一番難しいのは、最初の文字が「ん」で始まる言葉が多いことです。これは殆ど日本人には発音が無理です。

 

また、声調と呼ばれる音の上げ下げ(英語のアクセントに似ていますが、音を上げたり下げたりします)が6種類あるのでその違いを聞き分けるということでもかなり苦労をします。

 

そういうなかなか習得が難しいベトナム語を、例えば少しきになる子に教えてもらいながら勉強し、徐々に仲良くなろう、と考えていた場合、確実に我々日本人がベトナム語を学ぶよりも、相手の方が日本語を覚える方が早いです。悲しい事実ですが、確実に相手の方が有利です。

 

これは日本語とベトナム語の子音の発音であったり、先程ご紹介した声調の話、「ん」から始まる言葉があることなどがあったり、様々な理由はありますが、相手の上達スピードには勝てないと思います。

 

でも、ベトナム語を教えて貰おうとする姿勢や、そのやりとりで彼女との距離を近づけていくということは可能だと思いますので、ゆっくりしたペースでも良いのでベトナム語を勉強してみてはいかがでしょうか?

 

ベトナム人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
ベトナム人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加