タイ人の宗教は?

仏教徒が多いというイメージのタイですが、実際にはどうなのでしょうか?

 

やはり仏教徒の国

 

タイの宗教を数字別で表すと、国民の実に95%が仏教徒であり圧倒的な仏教国になります。他には南部に多いイスラム教(約4%)、キリスト教やヒンズー教といったその他の宗教がそれぞれ少しあるといった感じです。

 

ただし元をたどればインドの仏教なのですが、日本とタイの仏教徒は少し内容が異なります。

 

日本の仏教はインドからチベット、中国の北方ルートを通って伝来した大乗仏教(マハーヤーナ仏教)ですが、タイの仏教はスリランカ、ビルマといった南方ルートを通って伝来した上座部仏教(テーラワーダ仏教)なのです。元は同じ仏教なのですが、その伝来、発展の過程で考え方や思想が少し変化しているので、どのような違いがあるかを理解しておく方が大人と付き合う上では良いと思います。

 

多くの成人男性が出家する

 

まずタイの仏教で驚くのが、成人男性の多くが出家を経験することです。日本人が「出家」と聞くと、「そのまま数年は会うこともなく、別世界で修行を積むのだ」という気持ちになりますが、タイの出家はそうでない場合があります。

 

というのも、タイでは出家をするということが最大の功徳になると考えられており、しかも地方の方では結婚前に両親のために出家するという風習が残っているため、結婚が決まると1〜2週間の『プチ出家』をする場合がるのです。またこのプチ出家ですが、家族の事情により何回も実施する場合があるので、日本人が持つ出家のイメージとはかけ離れていると思ってください。

 

そういう事情があるのであれば、もしかして自分もタイ人女性と付き合うとなるとプチ出家が必要なのか?という考えを持たれるかもしれませんが、この考えは外国人に対してはないのでその点はご安心を。

 

寺院への訪問と功徳の実施

 

タイ人女性(タイ人の友人の場合も同じですが)と付き合うと、とにかく寺院へ参拝する回数が非常に多くなります。仏教関連の祝日やイベントの際、どこかのドライブをした時の寄り道として、なぜか寺院へ参拝することが増えてくると思います。

 

また、寺院へ参拝した際には、うなぎや小鳥、カメなどを買って離すと言う行為を頻繁に経験する事になると思います。これは功徳の考えで、人間に捕らわれているうなぎや小鳥、カメを放してあげることで徳を積むことができ、さらには現在自分持っている悪い徳をなくすという効果もあると考えられているのです。

 

 こういった信仰心は大人にとって非常に大切なことなので、作法について簡単にでも教えてもらい、一緒に経験してあげることでより仲が深まると思います。

 

牛肉に関すること

 

最後になりますが、信仰心からなのか他の理由があるのかハッキリとしないのですが、タイの田舎の方は牛肉を食べない場合があります。

 

調べてみると、「農作業を手伝ってくれる牛を死んだ後(もしくは殺して)食べるということはよくない」という考えや、中華系の観音信仰を信じる人は牛肉を食べない、などいろいろな意見があるようです。また寺院には神様のお使いとして牛を形取った石像が置かれている場合もあり、「牛は神様のお使いなので食べるのはもっての外」という考えをしている人もいるようです。

 

何にせよタイ人女性の中には宗教上の理由で牛肉を食べないという方もいるので、食事に行く際には先に牛肉が食べれるかどうか確認しておく必要があるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加