外国人と上手く付き合って行くには、恥ずかしがらないことだと思います。彼らは日本人では絶対に言わないことを言ってきます。とにかく褒めてくれますし、愛の言葉もじゃんじゃん言ってきます。こちらが恥ずかしがって対応を何もしなかったりすると、相手は「もしかして嬉しくないのかな?迷惑なのかな?」と思ってしまいます。

 

付き合いたてのころ、今まで付き合ってきた人にそんなことを言われたことがなかったので、戸惑って何も言わなかったら「嬉しくないの?君は僕のことをそう思ってくれていないの?」と言われたことがありました。恥ずかしがらずにはいられませんが、こちらも相手のことをどう思っているのかを言わないと彼らは安心してくれません。言わなくてもこちらの気持ちが通じるだろうと思っていてはいけないのです。その気持ちを言葉にして伝えなければならないのです。

 

恥ずかしいですが、勇気をふりしぼってきちんと想いを伝えることが大事なのです。意外と言っているうちに慣れてきますし、言うほうがすっきりとします。他には外国人なので日本人とは違うということを知っておくことです。

 

もちろん文化や生活習慣は私たちとは違います。これはのちのち直していってもらうか、自分が彼らの生活スタイルに合わせることになると思いますが、「こうするのが当たり前でしょ」「普通はこうでしょ」と思ってしまってはいけません。彼らに日本の普通は通用しないからです。生まれ育ってきた環境が違うのでなかなか相手に合わせることも、こちらに合わせてもらうことも難しいことだと思います。

 

これは時間をかけてどうしていくのか、よく話し合って決めて行くことが一番だと思います。言ってもすぐには直してもらえないと思うので時間がかかるとは思いますが、相手の気持ちも考えて言う言葉には気をつけた方が良いと思います。

 

同じ日本人と付き合って行くのも難しいことがたくさんあるので、さらに外国人と付き合って行くのはそれ以上に難しいのです。どちらも我慢は必要ですが、外国人にも伝わらないことがあるのでさらに我慢も必要になってくると思います。我慢しすぎるのもよくないですが、違いをどこまで理解してあげられるかということが付き合って行くコツだと思います。

 

彼らにとってもなぜ日本人はこうなのだ、と思うことはあるのです。わかってもらうことも難しいですが、諦めずに理解してもらおうとすることも大切だと思います。日本語や彼らの言葉が完璧にわかっているのであれば伝えやすいかもしれませんが、そうでない人は根気が必要になってくると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加