スペイン人男性と付き合ってみて良かったこと

スペイン人と付き合って良かったなと思うことで、まず思い浮かぶのは、スペイン語が上達したことです。

 

私が彼と知り合ったのは、語学留学を始めて3ヶ月が経った頃でした。語学学校の授業では、最初のうちは知っていることも多く、簡単だなと思っていましたが、クラスが上がるにつれて、分からないことも増え、授業で質問をしてもどうも理解できないことが出始めた頃でした。

 

当初はメッセージのやりとりだけ、しかもお互いに共通する言語がない中で、誤解から一方的に怒ってしまうこともありました。しかし、一度会ってしまうと、どういうニュアンスで話しているのかが理解できるようになり、そこからはメッセージの分からない部分だけでなく、授業の内容で分からなかったことなども質問するようになりました。

 

語学学校の先生は、クラスでは生徒複数に対して1人、授業の時間も限られています。なので、分からないことを質問しても、自分が納得するまで教えてもらうということはなかなか難しいですが、彼とは自分の疑問を心ゆくまでぶつけることができます。

 

もちろん、スペイン人とは言え、学校の先生以上に正しい文法に関する知識が十分ある人は稀なので、文法事項の説明だけでなく、普段使われるスペイン語をダイレクトに教えてくれる専属講師になってくれます。

 

また、彼の家族親戚など、新たに出会う人と話す機会も増え、語学力だけでなく、度胸や自信もつきます。
カップル文化が根強いヨーロッパでは、仕事のディナーパーティーなど公式の場から、友達との夕食などのカジュアルな場面まで、恋人や配偶者を同伴することが多々あります。

 

そういった場所に行くことで、たくさんの人と知り合い、話す機会が増えます。友達や同僚だけでなく、目上の人もいるので、場面に応じた対応やマナーを身につけることができます。たとえ、知っている人が誰もいなかったとしても、そういった場でたくさんの人と知り合い、友達ができることは、日本ではなかなかない体験です。

 

他にも、スペイン人と付き合ってみて良かったことは色々ありますが、やはり、毎日、「好きだよ」「愛してる」などと言ってくれることです。日本人でももちろん言ってくれる人はいると思いますが、文字通り飽きるほど、言ってくれる人は少ないのではないでしょうか。

 

ただ、こちらも同じように返さないと、「好きじゃないの?」と不安になったりするので、注意が必要です。日本語だと歯の浮くようなセリフも、スペイン語だと普通に言えるので、思いのまま、感情のままに愛情をぶつけてみてはいかがでしょうか。

 

スペイン人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
スペイン人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加