シンガポール人は何語を話すの?英語?マレー語?

シンガポールの国語はマレー語です。そのため、国歌もマレー語ですが、シンガポールの大半は中華系であるため、国民の大半はマレー語を話すことができません。公用語は、英語、中国語、マレー語、タミール語です。

 

学校教育は、英語で行われますが、それぞれの祖先の言葉も大切にしようということで、小学校から第二言語として、自分の祖先の言葉を選択し、学習しなければなりません。たとえば、中華系ならば、祖先の言葉は、中国語になります。彼らは、中国語を選択し、学びます。

 

シンガポール人のすごいところは、相手によって言語を使い分けることができるということです。会社には、いろいろな人種の人がおり、英語で会話をしますが、例えば、その社員が、中華系だけになれば中国語での会話が始まります。家族内での会話は、自分の祖先の言語を用いての会話となります。

 

シンガポールには、至る所に、ホッカーセンターと呼ばれる手軽にご飯を食べることができる屋台のようなものがあります。そこの店員さんたちもお客様の顔を見て言語を使いわけています。

 

街中にある看板や表示案内も4つの言語で書かれています。MRTと呼ばれる地下鉄の駅名も4つの言語で書かれており、駅に近づくと、4か国語で次の駅名案内が入ります。また、お札にも4か国語で表記してあります。

 

シンガポールと言えば、シングリッシュが有名です。シングリッシュというのは、文法の簡略化、英語に中国語、マレー語、タミール語の影響を受けた言葉で、初めて耳にした人は英語だと思わない人が多いそうです。

 

ここで、有名なシングリッシュを紹介したいと思います。店員とお客の会話です。

 

お客が、商品を手に取り、安くしてほしくて、「Discount ,can?(安くできますか?)」と店員に尋ねます。店員は「can!(できますよ)」と答えます。その後、確認の意味で、もう一度お客が「can?(本当に?)」と聞きます。店員は「can,can!(できます、できます)」と答えます。この「キャンキャン」の会話は、笑い話のように思えますが、本当に使われています。

 

また、語尾に「lah(ラ)」をつけます。有名なのは、「OK lah」こちらもよく聞く単語です。この「lah」は、中国語の完了を表す「了(ラ)」からきているものと言われています。また、「makan already?」とよく聞かれます。「makan(マカン)」というのは、マレー語で「ご飯」という意味です。お昼近くになると、いろいろな人から、「makan already?(ご飯、食べた?)」と聞かれます。

 

私は、英語が得意でないので、シングリッシュを聞いても特に何とも感じなかったのですが、私の友達のご主人は、学生時代にアメリカに語学留学し、英語ペラペラでしたが、友達とシンガポール旅行に来てタクシーに乗ったとき、まったく運転手さんの言うことがわからなかったそうです。運転手さんもご主人の英語が聞き取れなかったそうです。反対に、留学経験のない私の友達と運転手さんは会話が弾み、大変楽しい旅行だったと話してくれました。

 

言葉は、コミュニケーション手段ですから、発音が悪くても通じればそれで良いということを私も私の友達もシンガポールに訪れて感じることができました。

 

シンガポール人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
シンガポール人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加