メキシコ人の宗教は?プロテスタント?カトリック?

メキシコ人の宗教は、カトリックが主となっています。世界でスペインに次いでカトリックの人が多い国となっており、国教がカトリックと定められています。

 

プロテスタントの人はほぼいませんが、クリスチャン(キリスト教ですが、カトリックと同じように宗派の1つ)と呼ばれる人たちや、仏教、イスラム教、そしてユダヤ教や天理教などの方も少数ですが存在しています。

 

とはいえ、国教がカトリックでなのですが、信仰心が強い人と強くない人は真っ二つにわかれます。

 

ほとんどの人がカトリックの方たちばかりなので、メキシコ人は非常に家族に対して執着心の強い人達だと言えます。それは、カトリックの教えが家族を大切にするという所にあるからです。そのため、堕胎は禁止されていて、離婚も近年まで禁止されていました。

 

そんなメキシコ人と付き合った際にもカトリックであることを意識させられることがあります。やはり家族を大事にする人達なので、何においても家族が1番です。付き合い始めたら、まず最初に家族に紹介するというのが一般的です。

 

日本人のカップルの間では、両親に彼氏や彼女を紹介するという時は、それなりに付き合った年数も長い、もしくは、結婚を意識したカップルがお互いの家族に恋人を紹介することが多いでしょうが、メキシコは異なります。

 

付き合ってから1番仲の良い友達に紹介したり、家族に紹介するというのが一般的です。この1番最初の家族との出会いの時に、日本では一応手土産的な物を持って行くのでしょうが、メキシコではそれを持って行けば喜ばれますが、持って行かなくてもマナー違反だとは思われないので、そういった点は日本よりも気を遣わなくていいので楽ちんです。

 

ただ、こうやって家族に紹介されたことを機に、家族のイベントに参加することを求められます。とはいえ、もちろん義務ではないので参加は自由です。例えば、結婚式やお葬式、それにホームパーティーやクリスマスパーティーなど、必ず誘われます。もちろん参加できなければそれで良いのですが、あまりにも断り続けていると、「あの子はどうしたの?」と心配されてしまうので、3~5回に1度はそういう家族のイベントに参加すると良いでしょう。

 

ちなみにこういったイベントの際には手土産を持って行くのがベターです。義務ではないとはいえ、他にそのイベントに誘われた人達はみんな持ってくるので、持ってきていないと日本人の習慣を考えると、気持ち悪い感じがするので、ケーキやクッキーなどを持って行きましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加