マッチドットコムで出会ったイギリス人とのデート体験談

出会えるサイトのマッチドットコムでイギリス人女性をゲットしたときのことをお話ししたいと思います。

 

・イギリス人女性とデートに至るまでの経緯

 

マッチドットコムを利用して1年ほど、外国人女性と出会えるようになっていた私に新たな出会いがやってきました。それがイギリス人女性との出会いです。

 

出会いまでの経緯をざっとお話しすると、まず私はいつものように外国人の女性のプロフィールや写メなどをチェックしていました。するとちょっといつもは見慣れない感じの外国人を発見、どうも最近登録した感じでした。細かくプロフィールを見ていくと、ルックスもいいし3サイズもモデル並み、イギリス人で現在は日本でイギリス系の外資で働いているということが書いてありました。これだけ容姿端麗だとライバルになる男性が多いだろうし私では相手にされないかもと思いましたが、無料で使えるウインク機能があったので、それで気になっていることだけはアピールしておいたのです。

 

そうしたら、しばらくしてそのイギリス人女性がウインク返しをしてくれたんです。これは少しは脈があるなと思ってメールでやり取りを開始。お互いのことをメールしているうちに仲が良くなりだして会おうということになり、デートにこぎつけることができたのです。

 

・実際にイギリス人女性とデートしてみて

 

イギリス人の女性とこれまで付き合ったことはなく、また話したこともなかったので実際に会ってデートとなったときにうまく会話が弾むのかなどかなり心配な部分もありました。でも、マッチドットコムで外国人の女性と付き合った経験があったので、最初の頃よりは落ち着いていられました。

 

待ち合わせ場所は、イギリス人女性が働いている外資系の会社からそれほど離れていないという東京駅となりました。ここでしばらく待っていると、足が長くてスラッとした美女が私のところへ来るではありませんか。これは何かの間違いかと思いましたが、顔を確認すると写メのイギリス人の女性そのものでした。「○○さんですか?」と話しかけられ、待ち合わせしたイギリス人の女性が彼女であることが確定、本当にドキドキするような女性でした。

 

最初は緊張してしまい何を話してよいかわからなくなり、お互いに少し沈黙状態が続きました。彼女も緊張しているのがわかりましたし、意外とシャイなところがありました。ちょっと日本人の女性に似ているところがあるんだなと思ったあたりから私の緊張も少しほぐれてきたので、日本に来た経緯などを聞いてみました。すると、日本に来てホームシックにかかっていることや仕事の悩みなどを打ち明けてくれたのです。

 

ここは聞き上手に徹して、相槌をうったり、オウム返し的な会話で話しを弾ませていきました。するとイギリス人の彼女の方からどんどんと自分のことなどをしゃべってくれたのです。イギリス人女性はシャイなところがありながら話しをするのが好きという傾向があるように思いました。

 

デートも気をてらったものではなく、カフェに行ったり、映画を見たり、ビリーヤードも好きだというので行きました。楽しい時間はあっという間に流れ、初デートは終わりを告げました。楽しかったけれど、とても綺麗なイギリス人女性でしたのでもう会えない可能性もあるのではないかと覚悟しました。でも、彼女の方からまた会いたいという思いを伝えてくれました!思わず心の中で「ヨッシャ!」と叫んでいました。

 

・イギリス人女性と交際、そして・・・

 

イギリス人女性と3回ほどしたあたりから、正式に付き合いたいと言った方が良いのではないかと思って告白しました。でも、イギリス人女性はもっとお互いを良く知ってから先のことも視野に入れたお付き合いにしていきたいと言いました。イギリス人女性に対しては、そういった形式じみた告白はあまりしなくていいと感じました。
告白はうまくいかなかったものの、交際を重ねていき徐々にお互いの距離は縮まっていきました。イギリス人の彼女のちょっとシャイなところ、でも気心がわかると優しく接してくれるところ、はっきりと意見できる芯の強さ、そして容姿を含めてすべてを好きになった私は、彼女との国際結婚もあるのではないかと漠然と思っていました。

 

そんな矢先、彼女が今働いている外資系の会社の本社に移動が決定しました。イギリスに帰らなくてはならなくなったのです。私は遠距離恋愛に向いていないし、思いきってプロポーズしたのですが難しいと言われて撃沈してしまいました。

 

こうして私とイギリス人の彼女との交際は終わったのです。最後は悲しい結末になりましたが、イギリス人女性と付き合うことができただけでも私の経験値は上がったと思いますし価値があったと思っています。こうした出会いがあったのもマッチドットコムのおかげです。本当に貴重な経験をさせていただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加