韓国での食事のマナーは?「目上の人」を徹底的に敬う

韓国での食事のマナーは日本と比べると少し厳しい面もあり、日本とは大きく異なるマナーなどもあるので、実際に韓国に行って、韓国人と食事などをする前に、事前にマナーを覚えておかなければなりません。

 

一番大切なマナーは「目上優先」です。韓国では食事に限らず「レディーファースト」「目上が絶対」の国です。

 

特にお酒の席などでは厳しいマナーがあります。基本的にお酒を飲む時は、自分の目の前に目上の方が居ると、横を向いて、手で口元を隠しながら飲まなければなりません。

 

お酒の種類によっても飲み方は変わってきますが、焼酎なら一気飲みして当たり前です。横を飲まずに日本のようにそのまま飲んでしまうと「この日本人は礼儀がなってない」といった具合になってしまいますので、目上とお酒を一緒に飲む場合は必ず口元を隠して飲みます。

 

更に難しいパターンは、目の前には年上の方が居て、隣の席にも年上の方が居る場合です。この場合は、空いている席や後ろなどを向いて隠れるように飲みます。どの場所に居る目上の方に対しても、グラスの底を見せて飲んではいけないという風習があるので、日本人が韓国でお酒を飲む場合は気を付けてお酒を飲まなければなりません。

 

お酒の席などで、最初の乾杯で横を向いて飲むと、「横を飲まなくていいよ」と言ってくれる方や、「礼儀正しいね」と言ってくれる方も居ますが、外国人でも韓国に居るんだから、韓国の礼儀作法が出来て当たり前、と考えている人もいます。

 

韓国人とのお酒の席で気を付けなければならないのは、目上から注がれた焼酎は女性でも、お酒が苦手でも一気飲みを強要させられます。

 

韓国では焼酎を飲む時に、小さなショットグラスに入れて、強い酒でも一気飲みをするのが一般的です。むしろショットグラスに入れた焼酎を一気に飲まなければ「ワンショット!」と言う掛け声とともに指を差されて一気に飲め!と言われます。これはお酒が好きでゆっくり飲みたい人や、焼酎の味を味わってチビチビ飲みたい人にとっては苦痛でしかありません。

 

ちなみに、韓国人とお酒を飲む=必ず焼酎も飲みます。なぜなら韓国ではコカ・コーラのような炭酸飲料より焼酎のボトルの方が安く買えるからです。

 

韓国では「ジンロ」や「チャミスル」のような焼酎は日本円で約120円で買えます。韓国人は若い学生から年配の方まで、安い焼酎を好んで飲みます。なので韓国に旅行で行った際に、韓国人とお酒を飲む場合には特に気を付けて飲まなければなりません。

 

もし一気飲みをしたくないという人は、自分だけ別にビールを注文しましょう。焼酎は一気飲みを強要されますが、ビールはゆっくり飲んでも大丈夫です。我々日本人が焼酎の一気飲みなどを他人に強要すれば、常識がないと思われるほど失礼な行為ですが、韓国では当たり前にショットグラスに入れたお酒は一気飲みしなければならないという考えを持った人が多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加