韓国人の名前の特徴・覚え方。「キム、パク、イ」が多い

まずは韓国人の代表的な苗字は、キム、パク、イです。

 

韓国では同じクラスメイトや、同じ職場の中に、あまりにもキムさんや、パクさんが多いので、基本的に名前はフルネームで呼びます。

 

例えば、「キムジンスクさん」のようにフルネームで呼ぶわけです。同い年の友達などに対してもフルネームで呼ぶのは日本ではあまりない習慣だと思います(日本で友達に対して「山田太郎、今日暇?」とは言いませんよね?)。韓国の中ではフルネームで呼ばれる場合も多いので、少し違和感を感じるかもしれません。

 

まずは自己紹介などをして相手の名前を聞いた時には、フルネームで覚える事が大切です。下の名前まで覚えていなければ、人が多いところで「キムさん!」と呼んでしまうと、何人ものキムさんが一斉に振り返ります。それくらい同じ苗字の人が多いので、出来るなら女性に対しては下の名前にさんを付けた呼び方をすると喜ばれます。

 

韓国人で「イ ジュヨン」という名前の人が居れば「イさん」と呼ばずに「ジュヨンさん」と呼びましょう。下の名前で呼ばれて少し特別感が出るのは日本と同様です。そして「イさん」と呼んでしまうと、「離散(イサン)」などどいう少し悪い意味の言葉になってしまいます。

 

私が今まで聞いた韓国人の名前で김 수학(キム スハク)さんという人が居ます。スハクさんは中学校で国語の先生をしているのですが、수학(スハク)というのは韓国語で「数学」という意味です。国語の先生なのに名前は数学、、といった面白い名前もありますので、自己紹介で相手の名前を聞いた時に笑ってしまわないように気を付けましょう。

 

韓国人の名前は基本的に3文字で構成されます。イ ○○といった具合に、苗字1文字+名前が2文字です。実は韓国語の単語も3文字で構成されている単語が多いので、自分の名前と面白い単語がかぶっているといったケースも特に多いです。

 

例えば 강 아지 (カン アジ)さん 苗字はカンで名前はアジなのですが、つなげて読むとカンアジ「子犬」といった意味になってしまいます。

 

特に面白い名前が 이 정도(イ チョンド)さん、つなげて読むと、イチョンド、意味は「この程度」です。日本では「この程度さん」や「子犬さん」といった面白い名前はなかなか存在しないと思います。

 

そして韓国人との自己紹介で一番難しいポイントは韓国人にとっては日本人の名前は長すぎるといった点です。

 

私の名前は苗字が4文字で名前が5文字です。仮に「石原(4文字で発音) 裕次郎(5文字で発音)」だとします。自己紹介で「私の名前は裕次郎です」と言ったとします。すると韓国人は 苗字がユウで名前がジロウさん?と間違って覚えてしまいますので、名前だけで自己紹介をする時は特に気をつけなければなりません。

このエントリーをはてなブックマークに追加