韓国語ができないけど、韓国人と付き合いたい。どうすれば?

外国人とお付き合いする時には、相手の国の言葉が出来るに越したことはありません。韓国人とお付き合いしたいのならまずは自分から進んで韓国語を勉強を初めてみた方が良いでしょう。

 

韓国語が出来ない人が、韓国で留学したり、ワーキングホリデーをしたりしている人も多く存在しますが、やはりそういう人は韓国に来てからかなり苦労していました。韓国に行ってから韓国語を勉強し始めるのでは遅いですし、韓国旅行などに行く前から、事前に少しずづ学んでから韓国に行って使ってみたり、日本の中で韓国人と交流した方がはるかに効率的です。

 

韓国語を勉強する手段として、日本国内で、韓国語学校に通うなどで習うのが一番の近道かもしれません。

 

他には韓国語を独学で勉強したり、テレビで韓国語講座などを見て習うなどという方法もありますが、オススメは韓国語の簡単なテキストなどを使って独学で韓国語を勉強する方法です。

 

私のお勧めはアルクという出版社が発行した「最もシンプルな韓国語マニュアル」です。

 

この本では日本語で言うところの「あいうえお」から簡単な文法、単語などを合わせて一つの本で勉強することが出来ます。

 

現在の日本には独学者向けの韓国語の参考書なども多く存在しますが、テキストや参考書によって、かなり難易度が変わってきますので、なるべくアルファベットから学べる参考書を選びましょう。

 

参考書などで、まずはアルファベット(韓国ではカナダラ)などを覚えながら、同時に単語と文法の勉強をすることがおすすめです。

 

最初の内はあいさつ「アンニョンハセヨ」や「カムサハムニダ」などの簡単な言葉をカタカナだけ見ても韓国語で書けるように、韓国語の文書を見て、意味が分からなくても読みだけはわかるようになりましょう。

 

韓国語勉強の一番の難しいポイントは、ハングル文字を読めるようになってパッチムなどが文字に付いた時の発音の変化です。ハングル文字さえ覚えてしまえばあとは独学で幾らでも勉強できます。

 

韓国語勉強をする際に気を付けなければならない点は、カタカナ読み等をしない事、必ずネイティブの発音を聞いて、正しい発音で習う事が必要です。

 

韓国語の勉強を少しでもしていれば新しく出会った韓国人などに是非使ってみてください。完璧な発音でなくても相手も頑張って聞き取ってくれるはずです。

 

まずは勉強を始めて、積極的に使ってみるというのが、韓国語に限らず、外国語勉強の一番の近道です。

 

韓国語が出来なくても韓国人と付き合うことはできますが、相手の韓国人だけが頑張って日本で話すという関係は決して長続きしません、自分自身も相手の国の言葉を学んで、完璧ではない言葉でも相手のために使ってあげる、という前向きな心構えが必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加