デートにおけるエスコートの重要性

女性に対する“エスコート”と聞くと、「恥ずかしい」や「気取って見える」と思わる方も多いはずです。確かに、日本人は外国人に比べて、女性を“エスコート”することは少ないですよね。

 

しかし今後、ちょっとしたパーティーや会合などで、女性と共に出席するような会に招かれることもあるかもしれません。その時に、女性を“エスコート”できない男性は、それだけで偏見の目を向けられてしまいます。

 

今回は、そうなる前に少しでも“エスコート”の重要性を知っていただけたらと、思っております。

 

実は、女性の大半は男性に「特別扱いをしてもらいたい」と思っているそうです。これは、日本人女性も当てはまります。ちょっとした行動や仕草で女性の心を射止める方法、それこそが女性に対する“エスコート”なのです。

 

スマートな身のこなしは、あなたの出世にも影響してくるかもしれません。海外では、女性を“エスコート”できない男性は、大人の男性として扱ってもらえません。

 

これは、ビジネスの場でも同じです。もし、上司や同僚に、彼女はたまた母親とショッピングなどをしているところを見られた時に、しっかり“エスコート”していないと、会社で笑い者にされてしまいます。

 

また、欧米では幼少期から、家庭や学校で女性の扱い方について学びます。正確には、先生や両親から教えてもらうわけではなく、周りの大人の身のこなし方を見習って、自ら習得していくのです。だからこそ、気取ったようには見られない、自然な立ち振る舞いを覚えることができるのです。

 

小さい子供ができることを大人ができないはずがありません。ちょっとした気の使い方や所作で良いのです。元々、日本人は、かの有名な「お・も・て・な・し」の言葉にも現れているように、丁寧で気配りのできる性格を持っております。もしかしたら、欧米人よりも的確な“エスコート”が女性に対してできるかもしれません。そのようなポテンシャルを日本人は持っているのです。

 

多くの日本人が“エスコート”を知らない今だからこそ、周りとは一味違う姿を、男女問わず多くの方に見せつけてみませんか?

 

ぜひ、この機会に女性に対する“エスコート”をマスターして、多くの女性のハートを鷲掴みにしましょう。そして、一回り大きくなった姿を、会社の同僚や上司、友人、知人に見せつけて、ワールドワイドな感性を身に着けていただきたいと思います。ここで覚えた「いろは」を、周りの人々に自慢しちゃってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

レディファースト・エスコート講座記事一覧

女の子と隣り合って歩く時、みなさんはどのようなことを考えていますか?おそらく多くの日本人男性は、「いかに会話を弾ませるか」に集中していると思います。もちろん、会話を弾ませて円滑なコミュニケーションを取ることは、デートではとても重要です。しかし、ちょっとしたことをプラスアルファで行うだけで、女性の心が急接近すると聞いたらどう思うでしょう。女性はみな、国籍問わず優しい男性に惹かれます。その優しさを表現...

普段からよく利用されているエレベーターやエスカレーター。ここにも女性に対する“エスコート”があります。この“エスコート”には、「レディ・ファースト」の精神も少し関連してきますが、まずエレベーターでは、男性がボタンを押します。その次に、エレベーターが到着しましたら、女性を先に通してあげましょう。そして最後に男性がエレベーターの中へ入り、階のボタンを押します。他にもお客さんがいる場合には、先に他のお客...

お食事もデートでは必須ですよね。ここにも、女性を“エスコート”するエッセンスがたくさんございます。まずは、「レディ・ファースト」の精神を思い出して、お店への入店は女性を最初に中へ通しましょう。もちろん、ドアの開閉などは男性の仕事です。次に高級なお店の場合は、コース料理がほとんどだと思うので、事前に彼女の食べ物への好き嫌いをリサーチしておいて、お店の予約時にコースも伝えておきましょう。決断力のある男...

みなさんは、「“エスコート”とは何か」という質問に答えることができますか?欧米では、男性の優しさを女性にアピールする絶好の機会と考えます。その中にはもちろん、「レディ・ファースト」の精神が入っているのですが、意外と身近なところで女性を“エスコート”できる場面は多いです。例えば、車のドアの開閉は、欧米では男性が行います。また、車だけでなくドアというドアの開閉は、ほとんど男性が行い、女性を先に通します...