アメリカ人は謝ることが苦手(I am sorryの使い方)

国が違えば文化も違うことは、ごく当たり前のことですが、ここまで大きく違う文化というのも珍しいというようなトピックを今回はお話ししたいと思います。

 

そのトピックとは、「謝罪」についてです。

 

よく「アメリカ人はあまり自分の非を認めない」や「外国人は、日本人ほど謝らない」と聞きます。私も、日本人と英語でメールや会話をしている時に、少し違和感を覚えることがありました。

 

それは、日本人は、事あるごとに「すみません」を連発するのです。

 

例えば、相手に話しかける時にさえも「すみません」って呼びかけをしますよね。欧米に限らず、多くの国では日本人ほど「謝罪」をしません。あまりにも、この「すみません」が多用されるので、「日本人は、心がこもっていない」と思われてしまう事もあります。

 

英語で「ごめんなさい」は「I am sorry」ですが、このフレーズは滅多に聞きません。

 

アメリカ人の感覚では、この言葉を使う時は、「自分が犯した過ちの原因をしっかり説明して、その罪を償う」という感覚なのです。なので、本当に自分が悪いことをした時にしか使いません。それも相手にとても迷惑をかけた時にだけ使用するフレーズです。

 

また、ビジネスの世界などでは、「申し訳御座いませんが・・・」というフレーズを日本人は、よく使いますよね。

 

例えば、「申し訳御座いませんが、スケジュールの調整を宜しくお願い致します」などです。しかし、英語では一番初めの「申し訳御座いませんが」という部分は言わずに、「スケジュールを調整したい」旨だけを伝えます。

 

当日になって予定をキャンセルするときならば、まだ理解できますが、事前に相手のスケジュールを把握するとき等にも使われるので、私も「何に対して、この人は謝罪をしているのだろう」と、まだ日本のこのような文化を知らないときは感じました。

 

このように、日本人とアメリカ人では「謝罪」に関する感覚に大きなズレがあります。このズレのせいで、互いに真意ではない誤解を生じてしまうことが多いです。

 

先ほども記した通り、アメリカ人は日本人に対して、「日本人の謝罪は、軽すぎて全く気持ちがこもってない」と思ってしまいますし、逆に日本人はアメリカ人に対して、「アメリカ人は自己主張が強いから、謝ることすらもできない人たちなんだ」と。。。

 

お互いのこうした文化のズレを認識していれば、このような誤解は生じません。しっかりと相手の文化を理解しておくことは、とても重要であるのだと感じる瞬間です。

このエントリーをはてなブックマークに追加