外国語を習得するための方法

よく外国人に、「日本人は、中学・高校・大学と10年間も英語を勉強してるのに、なぜ英語ができる人がこんなに少ないのか」と質問をされます。

 

確かに、日本のような高度の教育水準を持っている国の人間が、こんなに英語が苦手なことは珍しいです。

 

日本よりも教育水準の低い国の方々でも日本人よりもハキハキと英語を日常会話として話しております。なぜなのでしょうか?

 

それは、語学を学ぶ上でのキーポイントを知らない人が多いからだと思います。

 

かく言う私も、両親が日本人とはいえカナダ生まれのカナダ育ちのため、日本語はネイティブではありませんが、日常会話も今では無理なくこなしているつもりです。

 

そこで今回は、「日本人に知っていてほしい外国語を学ぶ際のキーポイント」について、紹介していきたいと思います。

 

今回紹介する内容は、英語のみではなく様々な外国語でも応用できるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

日常英会話は中学英語で十分

 

皆さんもどこかで聞いたことがあるかもしれませんが、「日常会話の英語は、日本の中学英語で乗り切れる」というよく言われます。

 

これは事実で、日本の中学校で学ぶ英単語や文法だけで、日常英会話は卒なくこなすことができます。

 

これは私の実体験ですが、私は中学生時代を日本で過ごしておりますが、初めて中学英語の教科書を見たときに、「結構難しい単語や文法を中学校で学んでいるんだなぁ」と感じました。

 

特にリーディングなどは、難しい専門的な英単語が使われている文章を読む機会も多く、日本の英語教育の高水準なことに驚かされたのを覚えております。

 

しかし、英会話となってしまうと、日本人は「難しい」となってしまうのです。

 

積極的に英会話ができる環境に身を置くのが英語上達の第一歩

 

そこでキーポイントの1つ目ですが、積極的に英会話ができるコミュニティーに飛び込んでいくことが大切です。

 

日本にいると日本語で全てが行えてしまいますが、東南アジアなどの開発途上国の人々は、英語が話せなければ生活ができません。普段の生活やビジネスの上でも英語が必須項目となっているのです。

 

なかなか日本でそのような環境を作ることは難しいのですが、各自治体などが開催している異文化交流のイベントなどに積極的に参加して、英語を話す友達を作りましょう。

 

また、最近はインターネットを使って、いろいろな国の人々とチャットや音声通話が無料でできるので、そういものを利用してみるのもいいでしょう。

 

コミュニティがなければ、自ら作り出していけばいいのです。

 

外国の文化を知るのも英語上達のコツ

 

次に、キーポイントの2つ目ですが、その国の文化を知りましょう。

 

例えば英語であれば、アメリカやイギリスなどの文化を知ることによって、独特な言い回しの意味を理解することができます。なかなか日本語に訳すことができない言葉も、ニュアンスで理解することができ、記憶に残りやすくなります。

 

ニュアンスやフィーリングを掴めば自信が持てる

 

最後の3つ目は、2つ目に関係してますが、ニュアンスやフィーリングなどの雰囲気を覚えましょう。これは、本当に効果的で、どんどん頭にその言葉が吸収されていきます。

 

よく「自信を持って英語を話しましょう」とアドバイスする人がいますが、そこにたどり着くまでのプロセスが難しいのですよね。私も経験しているので理解できます。

 

ぜひこの3ポイントを使って、楽しく外国語を学んでみてください。

 

関連ページ
英語が苦手な人向けの英語習得法①「洋楽で英語の音に慣れる」

 

英語が苦手な人向けの英語習得法②「洋画を見て意図を推測」

 

英語が苦手な人向けの英語習得法③「外人相手に話してみる」

 

外国人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加