日本人が知らないネイティブ感覚の英会話・英単語

このエントリーをはてなブックマークに追加 

日本人が知らないネイティブ感覚の英会話・英単語記事一覧

よく外国人に、「日本人は、中学・高校・大学と10年間も英語を勉強してるのに、なぜ英語ができる人がこんなに少ないのか」と質問をされます。確かに、日本のような高度の教育水準を持っている国の人間が、こんなに英語が苦手なことは珍しいです。日本よりも教育水準の低い国の方々でも日本人よりもハキハキと英語を日常会話として話しております。なぜなのでしょうか?それは、語学を学ぶ上でのキーポイントを知らない人が多いか...

日本人は、英語が苦手な人が多いとよく耳にします。今では、小学生から英語を勉強しているのに、英会話ができない人が多いですよね。英語の上達方法については、別の機会に譲るとして、「これだけは理解しておいて欲しい英単語」をトピックにしてみたいと思います。「外国人のパートナーが欲しい」と言っても、まずはコミュニケーションが取れないことには何も始まらないですよね。その時にとても重要なことは、英文法よりも英単語...

アメリカを含む北米諸国では、差別用語に対する規制がとてもうるさいです。日本は、単一民族の国家ということもあり、あまり差別用語に対して深く考えていない人々も多いのですが、北米ではいろいろなバックボーンを持つ人々が隣り合わせで生活しているので、ちょっした言葉でも大きいトラブルになってしまうのです。そこで今回は、「知っておいて貰いたい差別用語」をピックアップしてみました。まず1つ目は、「FUCK」です。...

英語では言い表せない日本語があるように、日本語では言い表せない英語もたくさんあります。日本人が初めてその英語表現を聞いた時に、「えっ???」となってしまうようなものを、今回はピックアップしてみたいと思います。実は、私は日本の四文字熟語やことわざが苦手でして、漢字や単語の意味が理解できても、それを繋げたら全く意味がわからないことになってしまうという経験を、たくさんしてきました。英語でもおそらくそのよ...

以前も、「あまり使ってほしくない汚い英語」の特集を書きましたが、今回は同じ英語でも国によって違う、あまり使ってほしくないワード」をご紹介したいと思います。アメリカン英語とブリティッシュ英語で発音が少し違うことは、よく知られておりますが、このような少し汚い言葉にも各国によって違いがあります。英語がよく話されている「アメリカ・オーストラリア・イギリス・カナダ」にスポットを当てて、「その国へ行ったら、こ...

国が違えば文化も違うことは、ごく当たり前のことですが、ここまで大きく違う文化というのも珍しいというようなトピックを今回はお話ししたいと思います。そのトピックとは、「謝罪」についてです。よく「アメリカ人はあまり自分の非を認めない」や「外国人は、日本人ほど謝らない」と聞きます。私も、日本人と英語でメールや会話をしている時に、少し違和感を覚えることがありました。それは、日本人は、事あるごとに「すみません...