欧米の外国人は親子・友人間のキスってホントにしてるの?

欧米の外国人は、日本人に比べてスキンシップがとても多いです。これは、恋人同士だけではなく、家族間や友人間でもとても多いです。

 

欧米のスキンシップには、日本人の感覚にはない、スキンシップの種類の多さにあると思います。例えば、「キス」1つを取ってみても、たくさんのバリエーションがあります。

 

簡単に分類すると4種類でしょう。まず、挨拶代わりでもよくする「ホッペたにキス」です。これは、日本人の方々がよく知っている「キス」とは違い、互いの頬を当てる感じに近いです。

 

しかし、これも欧米では「キス」と言います。これは、久しぶりの再会などの喜びを表現する時によくします。また、親子などの家族間や同性同士などの友人間でも、よく行います。

 

これは、ただ単に喜びを表す1つのジェスチャーのようなものなので、気兼ねなく誰とでも行います。もちろん、友人同士の男女も行います。おそらく、これが一番多い欧米での「キス」でしょう。この「キス」は、恋愛関係にない2人が行うものです。

 

次に、唇と唇を軽く合わせる「キス」です。これは、基本的に付き合っているカップルしか行いません。なので、一般的には異性同士で行うものです。こちらは、日常的にお互いの愛を確かめ合うために行います。

 

本当に仲の良い友人や家族の場合はこの「キス」をすることもありますが、同性同士ですることはLGBTの方々(同性愛者など)でない限り、ほとんどないでしょう。

 

ここでちょっと脱線しますが、ホッペに唇でチューするシーンを日本ではよく目にしますが、欧米ではあまり目にしません。全くないわけではないのですが、この「キス」はどちらかというと日本の文化なのではないかなと思います。

 

3つ目は、おでこに「キス」のパターンです。実はこれは、1つ目にご紹介したホッペを合わせる「キス」と、2つ目にご紹介した唇同士の「キス」の中間ぐらいの立ち位置なのですが、主に大人が子供にしたり、恋愛関係のあるカップル同士で行ったりします。

 

愛を確かめ合うという意味合いが強いので、若干2つ目の「キス」寄りですが、もっとフランクに喜び合う時にも行うので、ちょうど1つ目の「キス」と2つ目の「キス」の中間くらいかなぁと思います。

 

なぜこれを4種類のうちの1つに選んだのかというと、実は欧米人の間ではこの「キス」がとても人気だからです。気軽に愛を確かめ合う1つのサインとして、カップルのみではなく、親子などの家族間でもよく行われています。日本では、ちょっと珍しいかもしれませんね。

 

最後は、みなさんもご存知の「ディープキス」となります。これは、説明しなくとも、日本と同じ感覚で欧米人も行います。今まで見てきた通り、いろいろな種類の「キス」がありますので、その意味をしっかり理解して、みなさんも使い分けてみて下さい。

 

外国人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

海外で日本人女性はモテる!外国人からモテる理由とは?
海外で日本人男性がモテない理由。外国人にモテる男性の特徴は?
見た目や趣味よりも、セックスを主体に捉えた欧米人の恋愛観
欧米の外国人に「告白」という文化はない(デーティング期間)
外国人(特に欧米)のアンダーヘア・ムダ毛処理事情
海外の恋愛スタイル「オープンリレーションシップ」って何?
「I love you」 は恋人レベルでは使わない?
欧米にはカップル平等の原則「カップルズルール」がある
欧米カップルと日本人カップルでは休日の過ごし方が少し違う
外国人は結婚前に同棲するのが普通!セックスもお互いの家で。
復縁は日常茶飯事!簡単にヨリを戻す欧米流恋愛スタイル
日本と欧米の結婚観の違い。付き合ってすぐ結婚は考えられない
欧米の女性の結婚観は日本人女性とは全く違う(同棲もOK)
欧米の外国人女性は、「自力本願」志向で自信家が多い
エリート外国人と国際結婚する方法(海外版『玉の輿』)
外国人と結婚すると専業主婦にはなれない?海外の主婦事情
欧米の外国人は「仕事よりも家族を優先させる」人が多い
浮気・離婚に対する日米欧の法的措置・慰謝料の考え方の違い
アメリカの離婚率は日本より高い!(離婚率50%)
外国人と付き合うには「食の異文化交流」も必要
外国人と付き合う際の注意点:日本人が知らない宗教の壁
日本人にはない欧米人の宗教観(キリスト教同士でも結婚NG)