欧米の外国人は「仕事よりも家族を優先させる」人が多い

「日本人は働きバチである」というフレーズは、海外でも有名です。日本は、サービス残業も多く、残業がなかったとしても、接待や上司との飲み会という名目で、アフターファイブを拘束されてしまう社会人男性は多いと思います。

 

欧米でも、もちろん残業はありますし、夜中まで仕事をして帰宅する日もありますが、仕事ではない飲み会(接待や上司との)に出席することはほとんどありません。

 

日本でも、近頃は「ランチミーティング」をするようになり、夜に接待をする機会も減ってきているのかもしれませんが、欧米ではもともと接待をするという文化があまりないので、仕事が終わるとそこから先はプライベートを優先させる男性が多いと思います。

 

恋人や家族がいる男性は、まっすぐ帰宅するでしょうし、フリーな男性はジムに行ったり、バーで好きな仲間とお酒を飲んだりする人が多いです。

 

興味深いエピソードとして、私の同僚に、家族の誕生日は必ず15時に退社するイギリス人男性がいます。彼の家では、それがルールとして決まっているらしく、どんなに忙しくても、仕事を他の同僚に代わってもらい、帰宅します。日本では考えられないことですよね。ちなみに、このような男性は、私の周りに結構います。

 

また、昨今は日本でも「イクメン」ブームで、男性が家事や育児を担当することも増えてきておりますが、欧米はもともと共働き社会ですので、家の仕事を分担することは、昔から当たり前の様に行われてきておりました。

 

そのような中、前にこのようなことがありました。彼の家では、「日替わりで自分の子供を保育所へ迎えに行く」というルールがあるらしく、ある日急なアポイント変更で、仕事が夜にずれ込んでしまい、迎えに行けないという状況になったことがありました。

 

もちろんまずは、仕事を優先で考えるので、奥さんに連絡して「代わりに迎えに行ってほしい」と伝えたのですが、奥さんも仕事が忙しいそうで、「迎えに行く時間がない」と返ってきたそうです。アポイントもずらすことは出来ません。

 

このような状況の時、日本人男性の皆さまならば、どのように対処するでしょうか?近くに友人・親戚が住んでいれば、迎えに行ってもらうでしょう。しかし、彼は、クライアントから「もうずらせない」と言われているアポイントを無理やり1時間ほどずらして子供を迎えに行き、その子供と一緒にクライアントとの待ち合わせ場所に行って、アポイントを消化しました。

 

実は、欧米ではしょっちゅうではないですが、たまにお子さんと一緒にミーティングをすることがあります。もちろん敢えて子供を連れてくる人はいませんが、どうしても預けられない時などに、職場へ連れてくることがあります。それを寛大に受け止めてくれる環境もあるということなのですが、欧米人は仕事よりも家族を優先させる人が多いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

海外で日本人女性はモテる!外国人からモテる理由とは?
海外で日本人男性がモテない理由。外国人にモテる男性の特徴は?
見た目や趣味よりも、セックスを主体に捉えた欧米人の恋愛観
欧米の外国人に「告白」という文化はない(デーティング期間)
外国人(特に欧米)のアンダーヘア・ムダ毛処理事情
海外の恋愛スタイル「オープンリレーションシップ」って何?
「I love you」 は恋人レベルでは使わない?
欧米にはカップル平等の原則「カップルズルール」がある
欧米カップルと日本人カップルでは休日の過ごし方が少し違う
外国人は結婚前に同棲するのが普通!セックスもお互いの家で。
復縁は日常茶飯事!簡単にヨリを戻す欧米流恋愛スタイル
日本と欧米の結婚観の違い。付き合ってすぐ結婚は考えられない
欧米の女性の結婚観は日本人女性とは全く違う(同棲もOK)
欧米の外国人女性は、「自力本願」志向で自信家が多い
エリート外国人と国際結婚する方法(海外版『玉の輿』)
外国人と結婚すると専業主婦にはなれない?海外の主婦事情
欧米の外国人は親子・友人間のキスってホントにしてるの?
浮気・離婚に対する日米欧の法的措置・慰謝料の考え方の違い
アメリカの離婚率は日本より高い!(離婚率50%)
外国人と付き合うには「食の異文化交流」も必要
外国人と付き合う際の注意点:日本人が知らない宗教の壁
日本人にはない欧米人の宗教観(キリスト教同士でも結婚NG)