「I love you」 は恋人レベルでは使わない?

日本人が、「愛している」という意味を英語で表現する時に、“I love you.”という言葉が一番最初に頭に浮かぶと思います。

 

この“I love you.”、実はあまり英語圏では使われておりません。

 

使われていないというと少し語弊がありますが、言い換えると「結婚後または結婚秒読み段階のカップル」しか使用しない言葉です。

 

日本人のカップルでも、あまり「愛している」という言葉を使う機会は少ないと思いますが、それは英語圏の人々も同じです。

 

特に英語圏の人々が使う“I love you.”は、本当に重要な人、例えば真剣にその言葉を伝えられる相手にだけ使う言葉です。

 

それでは、一般的に「好きだよ」と好意を伝えるためには、どのような言葉を使うのでしょうか。それは、“I like you.”です。

 

“Like”という言葉は、知っている人も多いと思いますが、実は人に対しても“Like”は使えるのです。もちろん、この“Like”を強調するために、“really”や“So much”などを併せて使うことも多いです。

 

ちなみに、“Love”を使うフレーズは、“I Love you.”と同様に、本当に大事な相手にしか使いません。例えば、“I’m in love with you.”なども重要なシーン以外では、使われないフレーズの一つです。

 

もし、付き合いたての頃に、この“Love”を使った言葉を彼氏や彼女に言われると、相手は引いてしまうかもしれません。すごく軽く思われてしまうこともあるので、あまり多用することはおススメできません。

 

有名ファーストフード店マクドナルドのキャッチコピーで“I love it.”というフレーズが使われておりますが、これは、本当に愛してしまうほどに、大好きになってほしいという、お店側の意向が込められているのだと思います。

 

少し話は逸れますが、この“Love”の対極に“Hate”という言葉があります。この“Hate”という言葉もとても重い言葉なので、「ちょっと好みに合わない」程度では、使わない方がよいでしょう。そのような場合は、“Hate”ではなく、“Dislike”を使うべきです。

 

もちろん、物や趣味などを指して、“I love it.”ということはよくあります。これは、「本当に心底、その物事が大好きである」という意味の表現方法として使われております。例えば、“I love my pet.”や“I love to sing a song.”などなど・・・。

 

日本人の皆さんが考えているよりも、この“Love”という言葉の価値が重いということは、覚えておいてもらいたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

海外で日本人女性はモテる!外国人からモテる理由とは?
海外で日本人男性がモテない理由。外国人にモテる男性の特徴は?
見た目や趣味よりも、セックスを主体に捉えた欧米人の恋愛観
欧米の外国人に「告白」という文化はない(デーティング期間)
外国人(特に欧米)のアンダーヘア・ムダ毛処理事情
海外の恋愛スタイル「オープンリレーションシップ」って何?
欧米にはカップル平等の原則「カップルズルール」がある
欧米カップルと日本人カップルでは休日の過ごし方が少し違う
外国人は結婚前に同棲するのが普通!セックスもお互いの家で。
復縁は日常茶飯事!簡単にヨリを戻す欧米流恋愛スタイル
日本と欧米の結婚観の違い。付き合ってすぐ結婚は考えられない
欧米の女性の結婚観は日本人女性とは全く違う(同棲もOK)
欧米の外国人女性は、「自力本願」志向で自信家が多い
エリート外国人と国際結婚する方法(海外版『玉の輿』)
外国人と結婚すると専業主婦にはなれない?海外の主婦事情
欧米の外国人は「仕事よりも家族を優先させる」人が多い
欧米の外国人は親子・友人間のキスってホントにしてるの?
浮気・離婚に対する日米欧の法的措置・慰謝料の考え方の違い
アメリカの離婚率は日本より高い!(離婚率50%)
外国人と付き合うには「食の異文化交流」も必要
外国人と付き合う際の注意点:日本人が知らない宗教の壁
日本人にはない欧米人の宗教観(キリスト教同士でも結婚NG)