海外の恋愛スタイル「オープンリレーションシップ」って何?

日本ではあまり馴染みのない文化に、「オープンリレーションシップ」という文化が欧米にはあります。

 

「オープンリレーションシップ」とは、恋愛関係にある異性同士が、お互いの「浮気」や「二股」を認めて、同時期に複数の異性と交際することです。恒久的な婚姻関係まで話が延長した場合は、「オープンマリッジ」とも呼ばれます。

 

この文化の起源は諸説ありますが、日本も含めて多くの国では、一夫一妻制度を採り入れておりますが、一部のイスラム教圏の国々では今でも一夫多妻制度を採用しているところもあり、このような男尊女卑の社会を根底から覆そうという男女平等の考えから、女性が主導でこの文化が始まったそうです。いわゆる「多夫多妻制度」ですね。

 

日本人が初めてこの文化と接する時に、大概は「すごくカオスな関係なのかな」と思われる方が多いと思います。しかし、この関係を認め合っているカップルは、そのカップル間でとても厳格にルールを決めていることが多いです。

 

例えば、「キスはよいけど、その先はダメ」などです。また、若い世代では、特定の異性に束縛されたくないという考えが強く、「この人と恋愛関係まで発展しそうだな」と思った場合に、事前に相手に了承を求めるケースも非常に多いです。

 

私の友人にも、このような関係を継続している方々が何人かおりますが、彼ら全員が必ずそのルールの中に「チャイルドフリー」というものを入れております。それは、「子供は絶対に作らない」というルールです。これは、彼らの間では暗黙の了解になっているところでもありますが、子供が出来てしまうとその子供の将来のことも考えなくてはならなくなり、人生設計を根底から変更しなければならなくなるので、このルールを盛り込んでいる様です。

 

オープンリレーションシップは欧米でも少数派

 

欧米でもこの文化は一般的かと聞かれると、ちょっと疑問符が飛んでしまいます。やはりLGBT(ゲイ・レズ・ニューハーフ・バイセクシャル)と同様でマイノリティーの恋愛関係ですので、社会的に市民権を得ているほどのものではありません。そのような特殊な恋愛関係を子持ちのままで行っていくことは、やはり厳しいのだと思います。

 

また、このような恋愛関係を欲する方々は、昔のトラウマが影響していることもあります。例えば、「昔、異性にすごく惨い裏切られ方をした経験を持っている」などです。このようなトラウマは、一生消えない心の傷となってしまいますので、普通の恋愛関係が築けないという状態の方々も多くおります。

 

もし、みなさんがこのような関係を欲する方と接する機会があるならば、色眼鏡で相手を見るのではなく、「このような文化もあるのだなぁ」という新鮮な感じで接して頂きたいと思います。

 

外国人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

海外で日本人女性はモテる!外国人からモテる理由とは?
海外で日本人男性がモテない理由。外国人にモテる男性の特徴は?
見た目や趣味よりも、セックスを主体に捉えた欧米人の恋愛観
欧米の外国人に「告白」という文化はない(デーティング期間)
外国人(特に欧米)のアンダーヘア・ムダ毛処理事情
「I love you」 は恋人レベルでは使わない?
欧米にはカップル平等の原則「カップルズルール」がある
欧米カップルと日本人カップルでは休日の過ごし方が少し違う
外国人は結婚前に同棲するのが普通!セックスもお互いの家で。
復縁は日常茶飯事!簡単にヨリを戻す欧米流恋愛スタイル
日本と欧米の結婚観の違い。付き合ってすぐ結婚は考えられない
欧米の女性の結婚観は日本人女性とは全く違う(同棲もOK)
欧米の外国人女性は、「自力本願」志向で自信家が多い
エリート外国人と国際結婚する方法(海外版『玉の輿』)
外国人と結婚すると専業主婦にはなれない?海外の主婦事情
欧米の外国人は「仕事よりも家族を優先させる」人が多い
欧米の外国人は親子・友人間のキスってホントにしてるの?
浮気・離婚に対する日米欧の法的措置・慰謝料の考え方の違い
アメリカの離婚率は日本より高い!(離婚率50%)
外国人と付き合うには「食の異文化交流」も必要
外国人と付き合う際の注意点:日本人が知らない宗教の壁
日本人にはない欧米人の宗教観(キリスト教同士でも結婚NG)