日本人がよく知らない海外事情コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 

日本人がよく知らない海外事情コラム記事一覧

「皆さんは、アメリカ人とヨーロッパ人の違いを説明できますか?」先日、多国籍の人が集まるパーティーでこんな話題を話しました。よく「日本人は、欧米に行くと中国人に間違えられる」と言われており、それに対して嫌悪感を抱いている日本人も多いと思うのですが、それでは逆に日本人の皆さんは、アメリカ人やヨーロッパ人などの欧米人を見分けることはできるのかなと思いました。そこで今回は、いろいろなポイントでアメリカ人と...

前回に引き続き、今回も「アメリカ人とヨーロッパ人の違い」について記していきたいと思います。まずは、様々な表記の仕方の違いについて書いていきます。アメリカでは、長さや重さを表す単位として、「ヤード・ポンド法」を用いております。しかし、ヨーロッパを含む大多数の国では、日本と同様に「メートル法」を採用しております。実は、アメリカの隣国であるカナダやメキシコも「メートル法」なのです。これはとても厄介な違い...

このトピックも3回目となりました。今回は、もっとディープなアメリカ人とヨーロッパ人の違いを記していきたいと思います。まずは、宗教についてです。アメリカもヨーロッパも移民の方々が多いので、様々な宗教を信仰している人が集まって1つの国を形成していることに変わりはありません。しかし、欧米で一番信仰されている「キリスト教」の中の宗派の違いがもろにアメリカとヨーロッパの違いとなっております。要するに、アメリ...

「北米」と聞くとアメリカのイメージが強いと思いますが、北米大陸にある3つの国(アメリカ・カナダ・メキシコ)の人々は、それぞれ違った特徴を持っております。皆さんが北米人とお付き合いする際の参考に、私が感じたアメリカの隣国であるこの2国の国民性の違いを、アメリカ人との対比でお伝えしたいと思います。皆さんが思い描く欧米人は、基本的にアメリカ人が多いと思います。日本は、アメリカと仲が良く、数多くのアメリカ...

昨今は、LCCなど交通網がしっかりしてきて、なおかつ格安にチケットも取れるので、海外旅行がとてもしやすくなりましたよね。それこそ、お隣の国である韓国や台湾などは、日帰りで弾丸ツアーを計画する人もいるくらいです。しかし、アメリカやヨーロッパなど日本から遠い国へ行くには、しっかりと計画して行かないと、大変ですよね。そこで今回は、アメリカ旅行で有名な都市について、ご紹介したいと思います。まず、アメリカ旅...

日本人と欧米人では、美しいと言われるものに違いがあります。例えば、欧米人から見た美しいアジア人の典型例は、少し古い映画になってしまいますが、「キル・ビル」という映画に出演していた「ルーシー・リュー」のような、黒髪のロングヘアの女性です。しかし、日本で活躍されている芸能人を見ると、茶髪や金髪など、様々なヘアカラーの女性がたくさんいらっしゃいます。このヘアカラー、色をちょっと変えるだけで簡単にイメージ...

日本人の名前を見ると、バリエーションがとてもたくさんあり驚くことが多いです。同じ字なのに読み方が違ったり、「普通はこんな読み方しないだろう」という名前があったりなど、その種類はすごい数があると思います。また、日本語はひらがな・カタカナ・漢字という3種類もの字を複合して使うので、同じ読み方でも違う漢字ということがとても多いです。対してアメリカ人の名前は、アルファベットでしか書かれることがないので、日...

「日本人は皆、とても几帳面で親切である」という言葉を、私はいろいろな国の方々からよく聞きます。実際に日本で生活してみると、日本のスタンダードが世界と比べてとても高いことに気がつきます。今回は、そのことについて、公共の交通機関をトピックにして、皆様にお伝えしたいと思います。皆さんは、公共の交通機関を利用することはよくありますか?日本では都市部に住んでいると、車が必要ないほど、電車やバスがいろいろなと...

皆さんが海外旅行や留学に行く際に注意したいことの1つにその国の物価があると思います。日本は総じて物価が高めな国なので、日本と比較するとだいたいの国は安く感じることが多いと思います。しかし、日本と同じように発展しているアメリカはどうでしょうか。そこで、今回は日米の物価比較を行ってみたいと思います。基本的にアメリカは日本とそれほど変わらない物価であると、よく言われております。しかし、よくよく見てみると...

皆さんの欧米人に対するイメージはどの様なものがありますか?体が大きいや、とても気さくでオープンマインドなど、様々な意見が出ると思います。その様な中で、食生活についても、「欧米人は、肉食中心で、あまり魚や野菜を食べない」というイメージがあると思います。実は、これは偏見で、肉よりも魚や野菜が好きという欧米人は、とても多いです。日本人の様に、魚を生で食べる習慣はあまりないのですが、焼き魚にしたり、煮込ん...

皆さんは、食事をするときに何を考えておりますか?「ちょっとおかしな質問だなぁ」と思った方は、これを機会に欧米の外国人の食事に対する考え方を知って頂きたいと思います。一般的に日本人は、食事をただなんとなく食べ物を食べることだと考えている人が多いと思います。確かに、現代の忙しい毎日の中では、食事は日々の日常の一行為という感覚になってしまうことも無理はないと思います。特に、独り暮らしをしている方は、なお...

欧米の外国人が思う「日本食」は、味付けが薄く、食材そのものの味を引き出しているというイメージです。私も初めはその様なイメージを持って、東京に来ました。しかし、実際に東京で食事をすると、味が濃くてびっくりしました。今でこそ慣れましたが、欧米人が描くイメージは、おそらく京料理のような関西の味付けのような気がします。実際に、東京を訪れたことのある欧米の友人に話を聞くと、イメージとは違かったという意見が多...

日本と欧米では、食事に対する価値観や考え方がいろいろな部分で違います。その違いにも大小あり、「しょうがないな」と納得する小さな違いもあれば、「これはちょっと無理」と言われてしまうような大きな違いもあります。そこで今回は、後者の大きな違いについてフォーカスして、「これは欧米諸国ですると、恥ずかしい」という食事のマナーの違いについて、お伝えしたいと思います。一般に欧米でも日本でも基本的なマナーについて...

アメリカに限らず、今欧米圏で日本食が人気を博しております。代表的な日本食といえば「寿司」ですが、この「寿司」を追い越す勢いで「ラーメン」がとても人気です。「ラーメン」という言葉が、もう英語になっているのではないか?というくらいアメリカ中に浸透しております。ニューヨークやロサンジェルスなど、主要都市にはもちろん、郊外の都市にもラーメン屋さんが出店しており、お昼時などは行列ができるほど、人気の食べ物と...

最近、巷では「パーティーピーポー」が若者の間で流行っているようで、みんなで賑やかにパーティーを行う文化が日本でも定着しつつあるようですが、欧米人の「パーティー」と日本での「パーティー」では少し違いがあるなぁと感じました。そこで今回は、日米のパーティー比較を行いたいと思います。アメリカを含む欧米人は、とにかくパーティーが大好きです。事あるごとにパーティーを開催しております。それこそ毎週末に飽き足らず...

みなさんは、ダンスはお好きですか?欧米人は、日本人に比較してダンスがとても大好きな人種です。いつでも、どこでも踊りだすような陽気な性格の人々がとても多いです。このダンス好きは一体なぜなのでしょうか?このことは、私が昔からとても不思議に思う東西比較ポイントのうちの1つでした。「ヒップホップの発祥だからなのかなぁ」と漠然と思っておりましたが、最近日本人の友人と話をしていた時に、ある文化の違いに気付きま...

よく「日本人は感情表現が乏しい」という意見を聞きます。逆に、「アメリカ人は感情表現が豊かである」ともよく聞きます。私は、昔からこの意見に疑問を覚えておりました。なぜなら、感情表現に対して、日米の差をあまり感じなかったからです。「そんなことないよ」という声が聞こえてきそうですが、よくよく考えてみてください。アメリカ人でも日本人でも感情表現が大きい人もいれば、小さい人もいます。要は、感情表現については...

近頃、日本人でもタトゥーをしている人が増えてきましたよね。昔は、やくざなど裏社会の人のイメージや罪人のイメージが強かったとは思いますが、今は若い世代を中心にファッションとして、タトゥーをしている人をよく見かけます。これはやはりハリウッドスターやセレブなど、アメリカで活躍している人々の影響も大きいのではないかなと思います。「アメリカ人はタトゥーをしている」というイメージを持たれている方も多いのではな...

皆さんはボディピアスについて、どのようなイメージを思い浮かべますか?「かっこいい」や「かわいい」、「おしゃれ」や「下品」など様々なイメージがあると思います。最近は日本でもボディピアスの認知度が上がってきており、昔は女性の耳につけるファッションピアスが大半でしたが、今では鼻や口、へそなどにつける方も多いのではないでしょうか。また、ピアスは女性のものだけではなく男性でも広く使われているファッションアイ...

日本でも問題に上がることも最近は増えている、「人工妊娠中絶」の問題。この問題は、何も日本だけの問題ではなく、世界的に問題視されております。殊に、アメリカでは近年、この「人工妊娠中絶」に制限を加える法律がたくさん作られています。アメリカでは、もともとクリスチャンが多いこともあり、「中絶」には反対派の人がとても多い傾向にあります。日本のドラマでは、若いカップルの間に子供が出来ると、男性が費用を負担して...

今回は、日本ではあまり気にすることのない「人種差別問題」について取り上げてみたいと思います。日本には(アイヌなど例外はいますが)基本的に日本人しかいないので、あまり「人種差別」について論じられることも少ないのですが、アメリカなどの欧米諸国は単一民族だけで成り立っている訳ではないので、よくこの話題にはなります。特に、私たちのような、黄色人種や黒色人種の人々と食事をしたりすると、このようなトピックが話...

日本は、四方を海に囲まれているので、あまり不法移民のことを考えることは少ないのですが、アメリカでは南北を地続きに国境が通っているため、そこを乗り越えてくる不法移民が後を絶ちません。最近、アメリカの大統領候補に名を連ねている「ドナルド・トランプ氏」が「アメリカとメキシコの国境線に、万里の長城のような高い壁を作る」と言って、物議を交わしておりますが、そのアイデアに賛同するアメリカ人がたくさんいるくらい...

「アメリカは自由な国だ」と日本人のみならず、世界中の人々が思い描いておりますが、実際にアメリカへ行ってみると、それほど自由ではないことがいろいろあります。今回はそんな「意外と自由ではないアメリカ」にフォーカスを当てたいと思います。確かにアメリカは、銃の売買が自由であったり、新しい技術に対する環境整備の早さなど、日本にはないものがたくさんあります。しかし、その自由の裏側には日本よりも厳しい制限や制約...

昨今では、日本でもターバンを巻いたイスラム人を見かける機会も増えてきました。日本も国際化が進む中で、様々なエスニックを持った人々が来日し、各自独自のコミュニティーを形成しております。これは、日本だけの話ではなく、交通網が発達した現代においては、ごく当たり前の出来事です。数多くの異文化な人々が入ってくると、そこにはいろいろな衝突が起こってしまうこともしょうがないことです。このことに関して、アメリカは...

日本でも連日のようにニュース番組で事件・事故についての報道がされております。このように平和と言われる日本であっても、大小さまざまな犯罪が起こっている世の中です。しかし、アメリカやその他の欧米諸国は日本に比べても犯罪率が高い国が多いです。なので、各国の国民が日本人以上に防犯意識を強く持っています。私も日本では考えられないいろいろな犯罪に出くわしたことがあります。その中でも頻度も高く、より警戒してほし...

昨今、性に関して、世界的にオープンになってきたように思います。世界中で様々な性に関するマイノリティーな人たちの集会やイベントが開かれていますよね。日本でもマスコミに取り上げられる頻度が年を重ねるごとに増えていると思います。特に、日本でのこのトピックに関するオープン度合いは、すごいなぁと感じています。今まで私は、いろいろな点で日本はまだまだ鎖国的というか、オープンじゃないなぁと思うことが多かったので...

いくら国際的で様々な文化が入り混じっていると言われているアメリカでも、ステレオタイプな考え方やイメージが今でもあります。そこで今回は、間違われてしまうとちょっと恥ずかしい「同性愛者」の典型的なイメージを2回に分けて、ご紹介したいと思います。アメリカで間違えられてしまわないように、しっかり学習しておいてもらえればと思います。1回目は、レズビアンの典型的なイメージをご紹介したいと思います。日本でもゲイ...

今回は、前回に引き続き「同性愛者」のアメリカでの典型的なイメージをご紹介します。前回は、「レズビアン」について取り上げたので、今回は「ゲイ」について取り上げたいと思います。前にも書いたのですが、日本は「ゲイ」について、すごく寛容な国です。参考ページLGBTの東西比較(日本はゲイ・レズ・オネェに寛容な国)テレビや雑誌などのマスメディアでもタレントとして活躍している方が多く、またカミングアウトもすごく...

欧米から様々な文化がたくさん入ってきている昨今ですが、その文化がその国独自の固有な文化に変化してしまうことが良くあります。そんな変化してしまった欧米文化について、今回はフォーカスを当ててみたいと思います。まずは、「バレンタイン・デー」です。もともと、「バレンタイン・デー」は、遠い昔、ローマ皇帝の迫害によって殉教した聖バレンタインに由来する記念日でした。なぜ、ローマ皇帝に迫害され殉教してしまったのか...

今回も前回に引き続き、「日本に入ってきて変化してしまった欧米文化」について、書きたいと思います。今回は、「ハロウィン」についてです。毎年日本では、「ハロウィン」の時期になると、仮装して街を練り歩く若者がたくさんおります。実は、世界的にも日本の「ハロウィン」は有名であり、発祥の地であるアイルランドよりも賑わっているのではないかと思われている程です。私の祖国であるカナダでも、「ハロウィン」の時にお祝い...

今回も前回に引き続き、「日本に入ってきて変化してしまった欧米文化」について、書きたいと思います。今回は、「クリスマス」についてです。「クリスマス」と聞くと、日本では「ホワイト・クリスマス」を連想する方が多いのではないでしょうか?雪が深々と降る中で、愛し合うカップルが寄り添っているシーンが頭に浮かびますよね。実は、この光景が浮かび上がるのは、日本人特有なんです。「クリスマスはカップルで過ごすことが世...

日本では女性アイドルグループが、毎日のようにメディアを賑わかせていますよね。この日本のアイドル文化は、外国人から見ると、ちょっと異質な感じがします。私が初めて日本のアイドルを見た時に、「こんな若い女の子が、日本ではアイドルとして活躍しているのか」と思いました。その当時は、まだ彼女たちの実年齢を知らなかったので、見た目だけで「小学生くらいかな」と判断していました。欧米にも、もちろんアイドルはいます。...

最近、日本の週刊誌がいろいろな芸能人のゴシップネタを世間に出して、盛り上がっておりますが、ゴシップ誌の本場と言えば、アメリカです。皆さんも一度は耳にしたことがあると思いますが、アメリカではパパラッチと呼ばれるカメラマンが、プロ・アマチュア問わず数多くおります。このパパラッチが原因で様々なトラブルも起きておりますが、あまり芸能人も気にすることなく、普段の生活を公にしております。そこで今回は、このゴシ...

先日、人事部門を見る機会があったので、今回は「就職」について、話していきたいと思います。もう就職活動を終了させた人も、これから就活をする人も、人間にとって大きいターニングポイントとよくなるのが、「就職」ですよね。学生から社会人という新しいステージに上がる重要な分岐点だと思います。この「就職」について、日米ではどのような違いがあるのでしょうか。私は、日本で就活をしたことがなかったので、今回初めて人事...

私は、今までにいろいろな仕事を経験しました。そしてその都度、様々な会社に転職をするわけですが、その話を日本人の友人に話すと、「日本では転職をたくさんしていることは、逆に評価を下げる」というように言われました。欧米では、転職をすることはキャリア形成に欠かせない要因の1つなのですが、日本ではそうではないみたいです。そこで、今回は日米のキャリア形成の違いにフォーカスを当てたいと思います。日本では、1つの...

日本では、近頃「〇〇〇ハラスメント」という言葉をたくさん囁かれています。特に、職場ではよく「それは、セクハラだよ」・「モラハラはしちゃいけない」などの声を聞くことが多いです。もちろん、アメリカにもこのような言葉はありますが、日本ほど耳にすることは少ないです。「それは、なぜなのでしょう?」というのが今回のトピックです。日本人が悪いのか、それとも日本企業が悪いのか。。。今回は、これについて掘り下げてみ...

「〇〇・ハラスメント」という言葉が飛び交う昨今、特に役職者である方は部下への指導で頭を悩ませているのではないかと思います。日本の企業で部長職をしている私の友人と先日、「ちょっと部下のミスを指摘したらパワハラだと言われてしまい、役員から注意を受けた」というようなやり取りをして、「なかなか生きにくい世の中になったなぁ」と感じました。確かに、パワハラは良くないことなのですが、日本の現状はその点に関して、...

異国の文化に触れる際に一番手っ取り早いことは、その言葉が使っている文字を知ることですよね。世界中にはたくさんの言語があり、文字もアルファベットだけではなく、全く見たことのないような文字を使っている言語も多いです。私は、アラビア語を理解することができませんが、みなさんも初めてアラビア語を見たとき、「どこで単語が切れるの?」と感じたことがあると思います。ちなみに、アラビア語は右から読んでいくそうです。...

この前、日本人の友人カップルと食事をする機会があり、その時に日米の子供への教育方法の違いを目の当たりにしました。なので、今回はこの「教育」というトピックについて掘り下げたいと思います。まず、共通している部分について話したいのですが、日本もアメリカも学歴社会であることには変わりがありません。よく「アメリカは自由の国で個性を第一に考えるので、学歴はあまり関係ない」という勘違いをしている方がいるのですが...

最近は温かくなってきて、公園などを散歩すると家族連れでピクニックや遊びに来ている親子が多くなりましたね。アメリカでも日本と同様に、家族でピクニックやキャンプに行くことはよくあります。しかし、ちょっとだけ不思議に思ったことがあったので、今回はそのことについて記していきたいと思います。その不思議に思ったポイントですが、それは親子での余暇の過ごし方の違いについてです。子供が小さいときは、日本でもアメリカ...

皆さんは、海外に長期滞在したことはありますか?旅行と長期滞在(出張や留学など)では、全く違ったことに気をつけなければならないですよね。旅行では、せいぜい1週間程度なのでいろいろなことをあまり細かく気にする必要はないのですが、長期滞在となると言葉の問題以上に普段の日常生活について気に留めなければならないと思います。そこで、今回は「一般生活のちょっとした違い」について、フォーカスしてお話ししたいと思い...

前回までに、「一般生活のちょっとした違い」として、「郵便に関する違い」と「日付の指定に関する違い」を取り上げてきました。今回は、「住所表記についての違い」についてお話ししてみたいと思います。日本にいると分からないと思いますが、日本の住所の表記ってかなり特殊なんです。外国人から見ると、とても難しい表記の仕方だと思います。アメリカを含む欧米圏の国では、住所は通りの名前とナンバーで付けられていることが多...

前回に引き続き今回も、「一般生活のちょっとした違い」について取り上げたいと思います。今回は、「日付の指定」についてです。普段、皆さんが何気なく使用している「日付の指定」の仕方にも日米でちょっとした違いがあります。例えば、皆さんが学校やお仕事で「~日までに仕上げてください」というようなことを言われた経験があると思います。もちろん、アメリカでもこのようにデットラインを設けることは多いのですが、だいたい...

海外生まれ海外育ちの私からすると、日本で生活していると、「ここが変だよ!日本人!!」という場面に出くわすことが多々ありますが、逆にアメリカで生活すると、「ここが変だよ!アメリカ人!!」と感じる場面もとても多いです。なので今回は、「外国人から見たアメリカ人の変な部分」について掘り下げてみたいと思います。まずは、「どうしてアメリカ人は、寒い日でも半袖・短パンで生活できるのか」についてです。最近は、夏も...

「アメリカに行こう」あるいは「アメリカで生活しよう」と考えた時に、皆さんはまず何を頭に思い浮かべますか?おそらく、「英語を勉強しよう」ですとか、「英語を鍛えないと」など、語学に関することをまず考えるのではないでしょうか?もしくは、この語学を習得することを目的に、「アメリカへ行こう」と考えているのかもしれません。確かに、言葉は生活する上で最も重要なツールですし、その国の文化の先頭と言っても過言ではな...

アメリカは日本以上に自動車社会です。そんなアメリカの運転マナーは、「ひどい」というイメージがあると思います。確かに、アメリカでは日本よりも運転免許の取得方法が簡易化されているので、いわゆる「運転が下手なドライバー」が日本よりも多いことは事実です。特に、駐車が苦手な人が多く、バックで駐車することは本当に稀なことです。また、車線変更や右左折時に出さなければならないウインカーを出さない車もとても多いです...

日本といえば、「和」をイメージすることが当たり前で、海外でもそのイメージが強いのだろうと考えている日本人は多いのではないでしょうか。確かに、日本に昔からある伝統的な食べ物や文化は、広くアメリカでも受け入れられております。しかし、現代では日本と聞いて、アメリカ人やヨーロッパ人などが一番最初に連想することは、「アニメ・マンガ」文化だと思います。そこで今回は、日本の「アニメ」や「マンガ」がどのくらいアメ...

前回に引き続き、「なぜアメリカで日本の「アニメ」や「マンガ」が流行るのか」について記していきたいと思います。(前回の記事はこちら⇒アメリカにおける日本の文化の象徴は、和ではなくアニメ)前回はその要因の1つ目として、「内容の多様性」をあげて説明しました。それでは、2つ目の要因ですが、これは単行本の多さだと思います。「アメコミ」は、もともと雑誌や新聞の一部で扱われていた様々なものを月刊誌として販売して...