外国人女性は「風俗に行くのは完全に浮気」と考えるので注意

どこの国でも、一夫一妻制度を取っている国では、浮気はご法度です。

 

特に、欧米のカップルは、実際にカップルとしてスタートするまでが日本よりも少し遅いので、真剣に交際をしているカップルがとても多いです。

 

関連記事
欧米の外国人に「告白」という文化はない(デーティング期間)

 

そのような中で、浮気のようなことをされると、恨みも強くなり、それこそ事件にまで発展することもしばしばです。

 

欧米の外国人にとってはキャバクラも風俗も「浮気」

 

そんな浮気の境界線が重要な中で、日本には独特な文化として風俗という業種がありますよね。ガールズバーやキャバクラのような軽いものから、外国人から見たら「売春じゃないの?」とびっくりされるような性風俗まで、様々なお店が日本にはあると思います。

 

私自身も日本人の友人から聞いてびっくりしたことなのですが、日本人男性は彼女や奥さんがいたとしても、そのようなお店に行くということです。もちろん、仕事上のお付き合いで接待としてしょうがなく行くこともあると思うのですが、欧米ではいくら仕事上だったとしても考えられないという意見の方が圧倒的多数です。

 

日本人男性にそのことについて聞くと、「あくまでも疑似恋愛みたいなものだから、浮気にはならないだろう」という意見や、「外で働いていると、仕事の関係上、しょうがないことなんだ」という意見をよく耳にします。

 

しかし、欧米人の女性にこの話をすると、「フリーならまだしも、愛すべき相手がいるのに、本当にありえない」や、「お金払って、女の子としゃべるってちょっと変態よね」という意見が多いです。

 

欧米の風俗店は違法営業、コールガール(売春婦)も社会の闇

 

これには、環境の違いが大きくあると思います。日本には、気軽に入ることが出来るそのようなお店がとても多く、繁華街に行くと必ず風俗店街のようなエリアが存在しますよね。しかも、そのようなお店が合法的に商売することができる国は、とても珍しいと思います。

 

欧米にも、確かにそのようなお店はありますが、もちろん違法営業となります。また、大通りなどに立っていて、男性客をキャッチしているようなコールガールという職業もあることにはありますが、本当に闇の深いエリアでのお話です。

 

私が、さらに驚いたことは、日本人女性(特に若い)も、この風俗文化にとても寛容的であるというところです。通常、欧米ではそのようなお仕事をされている女性は、本当に誰にもバレたくないという気持ちが強いのですが、日本人女性は結構オープンにしている人も多いです。

 

また、そのようなお店で働いていない女性でも、彼氏がキャバクラなどに行くときに、「仕事ならしょうがない」と考える人も多い様です。とても不思議な文化の違いだなぁと感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加