欧米の外国人は避妊にコンドームではなくピルを使う

日本と欧米のセックス事情においてちょっとした文化の違いがあります。

 

それは、コンドームの使用についてです。日本では、避妊具としてコンドームが広く使われておりますが、欧米ではそこまで使われておりません。

 

これには、日本人と欧米人の避妊に対する対処の考え方の違いが関係しているのだと思います。

 

日本では、避妊するのは男性で、コンドームが一番手っ取り早く簡単に避妊できるので、人気がありますが、欧米では、避妊をするのは主に女性です。それは、日本よりも欧米の女性の方が、ピルを常時使っている頻度が高いからだと思います。

 

日本ではピルは、間違えて中に出してしまったときの緊急対処用として用いられておりますが、欧米では、生理不順を治すために、常時飲用している女性がとても多いです。「自分の体は自分で守る」という考え方が強いのか、学校などでもそのように学びます。

 

また、日本では、24時間開いているコンビニでコンドームを購入することができますが、欧米ではコンビニは24時間営業ではないですし、まして商品としてもあまり陳列されていないような気がします。ドラッグストアなどで購入することが、一般的でしょう。なので、とても身近な存在というイメージもあまり持ち合わせておりません。

 

欧米では、キリスト教の考えが強く、中絶はご法度なので、100%避妊できなければ意味がないという発想もあるのかもしれませんね。このようなところでも、ちょっとした違いがあるので、注意しなければならない反面、興味深い差異ですね。

 

外国人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
外国人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加