JapanCupid.comでオーストラリア人とデート!

外国人のかっこいい高身長の彼氏とデートしてみたいなという好奇心から、JapanCupid.comに登録してから暫くして出会ったのは、オーストラリア人の22歳のモデルでした。

 

当時、英語力があまり高くなかった私は、せっかく素敵な写真の方からメッセージをもらっても、その後英語オンリーのメール交換が辛くなってしまいました。しかも、メールはまだ辞書が使えますが実際にあって会話となると、自己紹介から会話が広がらずに終わってしまうということが度々ありました。

 

そんな時に、オーストラリアの彼から日本語で「かわいい写真ですね。お友達になりませんか?」とメッセージをもらったので、メールでの会話も弾み、実際に会ってみることになりました。オーストラリアは学校教育の外国語選択で日本語を学ぶ人が多いので、日本語を話せる人が多いです。

 

最初は、あまりにも写真がかっこよかったので、‘釣り’(ネットなどから本人以外の写真を登用すること)ではと疑いましたが、仕事を聞くと六本木にある有名外国人モデル事務所に勤めているとのことで、ネット検索したら本人が載っていたので、嘘かどうか実際にあえばわかると思い、デートに臨みました。

 

初デートは、彼が六本木に勤めていることもあり、ミッドタウンにあるカフェで会うことになりました。夜に会うと、体目的になってしまう男性が多いので、土曜日の昼2時に待ち合わせました。

 

2月で寒かったのでカフェの隣にあるTSUTAYAで待っていると、ブロンドのウェーブヘア、黒い革ジャンにジーンズ、187センチの細身、ファッション誌から飛び出てきたような出で立ちの彼がカフェの入り口でウロウロしているのが見えました。

 

あまりのかっこよさに、自分と不釣り合いではないかと出て行くのに躊躇しましたが、思い切って「こんにちは、スチュアート君ですか?」と声をかけました。

 

「そうだよ!」と満面の笑みでフランクに答えてくれたので、緊張も少し溶けてカフェに入りました。

 

カフェでは終始、彼のペースで「何を飲みたい?寒くない?食べ物は何が好き?」など日本語でいっぱい話しかけてくれ、今までの外国人デートでは体感したことないくらい会話も進み、あっという間に2時間が経っていました。

 

話している時も、彼の長い金色の睫毛や吸い込まれそうな緑色の目にみとれてしまいましたが、それは私だけが思っているのではなく、周りに座っている女の子も「あの人かっこいいねー」と言っているのが聞こえました。きっとモテるんだろうなぁ〜と、付き合っても浮気が心配だと先走った思いを抱えながらコーヒーを終えました。

 

小腹が空いてきたところでカフェを出て、六本木交差点近くになる回転ずしに行くことになりました。

 

向かう途中、通りを歩いていると知り合いの外国人が彼に話しかけてくるという場面が4回もありました。中にはモデル仲間のロシア人の女の子やスペイン人モデルの男性もいて、私とは住む世界があまりにも違うと思ったのが強く印象に残っています。

 

お寿司自体は楽しく食べましたが、「あと3ヶ月したらオーストラリアに帰国しょうと思っていること、女性には困っていないので彼女よりも新しい女の子と日本にいる間楽しくデートしたい」という本音が聞けました。

 

当時、私はまだ結婚願望もなかったので」楽しくデートするだけでいいよ」とその後一緒に後楽園遊園地で遊んだり、鎌倉散策デートしたりして三ヶ月を過ごしましたが、帰国してからは疎遠になってしまってお付き合いには発展しませんでした。

 

今となっては、CMで外国人イケメンモデルさんを見るたびに、自分にもああいう人とデートしたことがあったなぁという良い思い出になっています。

 

 

続きはこちら
JapanCupidで出会ったオランダ人とのデート体験談

 

他の方のJapanCupid.com体験談はこちら
JapanCupid.comで出会った外国人とのデート体験談

 

 

JapanCupid.comの特徴と口コミ・評判はこちら
JapanCupid.comの特徴と口コミ・評判は?


JapanCupid.comの入会の流れはこちら
JapanCupid.comの入会の流れは?


JapanCupid.comの料金システムの紹介はこちら
JapanCupid.comの料金システム紹介


JapanCupid.com体験談はこちら
JapanCupid.comで出会った外国人とのデート体験談


JapanCupid.comで外国人と出会うコツはこちら
JapanCupid.comで外国人と出会うコツは?


JapanCupid.comのよくある質問はこちら
JapanCupid.comのよくある質問



このエントリーをはてなブックマークに追加