フィンランド人と上手く付き合うコツ

外国人は、日本人に比べ、感情の伝え方とてもストレートです。これは、言語的にもそうなのかもしれませんが、特に英語で会話していると「これを日本語で伝えたら、ちょっと直球過ぎて、相手が引いちゃうかもしれない」と思える場面がたくさんあります。

 

日本語は元々、とても感情表現が豊かで、ちょっとしたニュアンスの違いを違う言葉で表すことが出来ますが、外国語殊に英語は、微妙なニュアンスを伝えるよりも、言いたいことははっきり言うというスタンスで、話すべき言葉であると考えております。

 

外国の女性たちはみな、そのような言葉に慣れ親しんでいるので、変に微妙なニュアンスの言葉を使うと、「曖昧なことをいう人だな」と受け取られてしまい、マイナスイメージになります。なので、中学生の英語くらいシンプルな言葉でわかりやすく気持ちを伝える方が、誤解も生じず、誠意のある人だと感じてもらいやすいです。

 

また、日本人は恥ずかしさが優先してしまい、正しい英語を使おうと頭の中で考えてしまいがちです。私たちが日本人と日本語で会話する時に、正しい言葉遣いをしているかというと、そういう訳ではありません。

 

第一に、様々な国々で使われている英語は、「正しいものがないのではないか」というくらいです。自分に自信を持って会話することが、外国人との距離を詰める最良の方法だと思います。ハリウッド映画などでよく見かける女性をエスコートする場面なども、実は意識して行うのではなく、自信を持った行動の表れがあのようなレディファーストの形となって顕在化するのです。

 

なので、自分に自信を持つことは、外国人と上手に付き合うコツの一番大事な部分であると思います。

 

 

もう一つ、重要なことは、「あまり自分を美化せずに、ありのままを受け入れてもらう」ということです。

 

例えば、英語が苦手であるとか、スポーツが苦手であるとか、いわゆるその人のウィークポイントもありのまま相手に伝えることによって、相手もどんどん心を開いてくれます。下手に隠したりせず、ありのままの自分を見せることによって、「とても正直者である」という印象を持ってもらえやすくなり、好感度アップです。自分自身をさらけ出して、相手の胸に飛び込んでみる気持ちが、お互いの心をより近づけてくれます。

 

最後に、やはり外国人と接していくには、英語は必要不可欠です。この英語の上達により、コミュニケーションが円滑に進むので、より早く親密な関係を形成できます。

 

語学の上達に一番有効なのは、外国人の恋人を作ることなのですが、そのためにも英語の上達が必要だと思っている方が多いと思います。しかし実は、会話で使っている英語はそれほど高いレベルのものではありません。なので、恥ずかしがらずに今の語学力で、どんどんアタックしていきましょう。アタックを重ねているうちに、自然と英語が上達していると思います。ぜひ、自分に自信を持って、外国人にぶつかっていきましょう!

 

フィンランド人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
フィンランド人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加