英語ができないけど外国人と付き合いたい。どうすれば?

外国人と仲良く付き合う一番の方法、それは「英語が話せるようになること」ですが、なかなかいきなり話せるようにはなれないですよね。

 

日本語と英語はそもそも単語や文法も違いますし、皆さんが日ごろから使っているカタカナ英語も本来の意味とは違った意味で使っていたりします。

 

そんな皆さんに朗報です。「外国人とのお付き合いの中で、英語があまりできない方が良い」ということがあります。どういうことか。それは、「ストレートな言葉を日本語以上に使える」という点です。

 

英語は、日本語よりもストレートな表現が合う言語です。また、外国語はそのような言語習慣が多く、外国人はその習慣に慣れています。日本人が日本語を使うのと同じような表現を英語で使うと、「何を伝えたいのかわからない」という状態に陥り、素直な気持ちを相手に伝えられなくなります。なので、英語ができなくても積極的に、外国人と交流するべきだと私は思います。

 

また、外国語の習得に一番良いことは、外国人、とくに外国人の恋人とたくさん会話をすることです。日常の生活の中で英語を使うことができ、すぐに慣れてきます。日常会話で使用する英語は、皆さんが中学校で勉強された英語と同等かそれよりも平易なものです。なので、力まずにまずは単語を並べるだけくらいの気持ちで、外国人に接してみて下さい。

 

そして、最初は英語がネイティブではない外国人と接してみることをおススメします。韓国や中国などのアジア人や、ヨーロッパでもドイツ人やフランス人など、英語が第一言語ではない方々と英語で会話することで、気恥ずかしさも少なくなり、より積極的に英語を話すことが出来ると思います。

 

また、共通の話題がある方とお話しされるのも良いと思います。共通の話題とは、趣味であったり、共通の知人がいたり、また大学や職場など共通の場所があるという意味です。共通の話題があると、話がとても膨らませやすく、相手もそれに乗っかってきやすいです。言葉はキャッチボールするためにあるので、一方的に話して終わってしまう話題よりも、そのキャッチボールが長く続けられるような話題を話す方が、より長い間会話を楽しむことが出来ます。

 

あと、もし英語を少し勉強してから外国人と会話をされたいというのであれば、スラング英語を覚えるのも効果的です。スラングと言っても、汚い言葉を覚えるのではなく、慣用句的な表現を身につけると良いでしょう。日本語で言う「マジで」のような、若者がよく口にする言葉を覚えることによって、会話が弾みやすくなると思います。

 

関連ページ
英語が苦手な人向けの英語習得法①「洋楽で英語の音に慣れる」

 

英語が苦手な人向けの英語習得法②「洋画を見て意図を推測」

 

英語が苦手な人向けの英語習得法③「外人相手に話してみる」

このエントリーをはてなブックマークに追加 

英語ができないけど外国人と付き合いたい。どうすれば?記事一覧

外国人とコミュニケーションを取りたいと思っているが、英語がとても苦手であるという日本人をよく見かけます。これは日本人特有のことではなく、英語がネイティブではない外国人はたくさんいます。そんな彼らも必死に努力して、英語を学び、様々な人々とコミュニケーションを取っております。そこで今回は、この苦手意識が強いと思われる「英語学習」をトピックにしたいと思います。今回の内容は、「英語」学習のみではなく、いろ...

前回は、語学学習する上での、「モチベーションの維持方法」と「洋楽を聞き流すこと」をご紹介しました。今回は、より実践的な語学学習方法をご紹介したいと思います。実は、今回ご紹介する方法に、前回の内容が活きてきます。前回、英語という「音」を習得するという内容をお話ししましたが、さらにレベルアップして今度は、洋画をチェックしてみましょう。音楽は、歌詞特有の英語表現が多いので、実際の生きた英会話を学ぶには、...

前回の最後に、「単語や熟語は学ばなくて良いのか?」という疑問が浮かびました。まずはこれについての回答をしたいと思います。ズバリ、「単語や熟語など、それ単独だけの勉強はしなくても構いません」。日本人はすでに、中学・高校の6年間で基本的な英語の単語や熟語、さらには文法を勉強してきております。「もう忘れてしまったよ」という方もいるかもしれませんが、本当に基本的な部分は覚えていると思います。それだけの知識...