エクアドル人の結婚観は?何歳までに結婚したいと思ってる?

一般エクアドル人は割と早い年齢で結婚する傾向があるようです。2015年より法律が変わり、現在はエクアドルにおける未成年者の結婚は18歳からとなっていますが、以前は保護者の同意があれば13歳からでも結婚できていたという驚くべき事実があります。20歳になる以前にもう何人か子供がある女性も珍しくありません。

 

20代前半からもう家族や周囲の人から結婚の事を心配されるので、女性としては25歳までには結婚したいと思っている人が大半だと思います。日本のように結婚や家庭よりもキャリア重視という見方はまだ少なく、20代に結婚して何人か子供を設けたいと考えている人が一般的です。

 

ひと昔前までは子供が10人を超える大家族の例も沢山あったようですが(かく言う私の夫も12人兄弟の一人です)、やはり現在はエクアドルも少子化が進んでいるようで、せいぜい子供は2、3人まで、と考える人が多くなってきているようです。

 

それでもエクアドル人男性となると、女性とはやはり結婚観も違い、主に2つのタイプに分かれるようです。一つは結婚したくない派。いつまでも家庭に縛られる事を好まないタイプです。無責任でナンパばかりして過ごすようなタイプの男性が当てはまるでしょう。そういう男性は2,3人の女性との間に子供を設けていることも珍しくなく、現在法律によって父親が私生児一人に付き80ドルを毎月払う義務が課せられています。お金が払えなくて女性(母親)側の訴えにより刑務所に入れられるという話もよく聞きます。

 

よく「男性は目で恋し、女性は耳で恋する」と言われますが、口のうまい浮気性なエクアドル男性もかなりいるので、甘い言葉ばかり言ってくる人には要注意です。20代の男性であっても少しルックスが良くて女性を誘うのがうまい人には、まず別の女性・子供がいた、又はいると疑って間違いありません。

 

でも全てのエクアドル男性が不実であるわけではなく、私の夫のように「妻命!」なエクアドル男性も数多くいます。結婚すると親戚や近所の人達から子供を設けるように強烈に薦められます。子供を設けることが幸福になる一つの鍵だとエクアドルでは信じられているので、大半の夫婦間には子供が何人かいます。

 

大勢のカップルが籍を入れずに同棲しているのが現状で、気温が高い地方ほどその確率が高くなります。アンデス山脈地帯ではやはりカトリック教に基づく伝統的な生活習慣がいまだに守られ、結婚するカップルの方が割合的に多いと言えるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加