エクアドル人男性の特徴・性格・考え方・好むもの

やはり南米人は明るい性格の男性が圧倒的に多いのが特徴です。みんなジョークが大好きで、日本ではタブー視されている身体的コンプレックスでもジョークにしてしまいます。例えば、身長が低くて小学生みたいだとジョークの対象とされている人も特に気に病んでいる様子はないので、それが南米カルチャーの一部なのだと、数年間のエクアドル人ウォッチを経て思います。どんな話題でもジョークのネタにしてしまいます。

 

面白いのは気温の高低差によって人格が変化するという事実です。以前住んでいた地域は高温高湿度地域でしたが、気温が上がるにつれて更にオープンで明るく、あっけらかんとした性格の人が多くなります。現在住んでいるアンデス山脈地帯は通年日本の春秋のような気温ですが、日本人男性を彷彿とさせるような、繊細な一面を併せ持つエクアドル男性も観察できます。

 

感情表現豊かな一面も日本人男性とは大きく異なる部分だと思います。泣く事を恥とも弱さとも思わない彼らと悲しみを共有した事もあります。

 

女性に対しても気遣いが細かい男性が多く、欧米人とまではいかなくても、ドアを開けて待っていてくれたり荷物を持ってくれたりなど、紳士的に女性を扱ってくれます。プレゼントにも気を遣ってくれる男性が多く、日本人から見ると少し幼稚なほどの大袈裟なヌイグルミやカードなどをプレゼントしてくれたりもします。私のセンスとはかなり違うプレゼントにあまり大喜びはできないのですが、その心遣いが嬉しかったりするのです。

 

ただ浮気性の男性が多いのも事実なので、日本人でチヤホヤしてくれるからといってこちらからは何もしないというのでは、エクアドル人も愛想を尽かしてしまうかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

エクアドル人男性の特徴・性格・考え方・好むもの記事一覧

女性にとって一番大切と言えるかもしれない愛情表現が溢れている事と言えます。見知らぬ人からも「僕のお姫様」「お人形さん」などと声を掛けられる事が多々あるのですが(勿論完全無視)、現在の夫と交際していた時から今に至るまで私の名前を呼ばれる事はほぼなく、「スィートハート」「ダーリン」と呼ばれています。日本人と結婚していたら絶対無かったであろう愛情表現の豊富さには驚かされます。愛情表現は言葉だけに留まらず...

エクアドル人といえどやはり同じ人間なので、基本的にやられたら嫌な事は日本人と共通しています。その中でも敢えて言うと、相手の母親の悪口を言ったり馬鹿にするような事は喧嘩につながり、下手したら別れ話へと発展すると思います。義理のお母さんとの接し方はかなり気を遣った方がよいと言えます。また、エクアドル男性は「Mandarina(マンダリーナ)」と言われる事を大変嫌がります。日本語でいうと「尻に敷かれる」...

愛情表現されるまま自分は何もしないというのではなく、こちらの側からも積極的に表現していく方法を模索する事によってお互いの絆が更に深まると思います。日本人同士でもある男女間の物事の捉え方の違いに加えて、言葉の壁、文化の違いという障害を乗り越えてゆくのには、必要不可欠な要素であると感じています。そして何よりもお互いに理解し合えるまでコミュニケーションを取る事。ただでさえ複雑な心境を伝えるのは大変な事で...