欧米では出会い系サイトでの出会いが主流

今では、多くの日本人も利用している出会い系サイト。

 

欧米では、真剣な恋愛を求める場も、リアルな世界からネットの世界へ移動しています。

 

日本人に「私たちはネットで出会ったの。」というと、「大丈夫?」と心配されることも未だにあるかもしれませんが、欧米では、ネットから恋愛に発展することはごくごく普通のことになっています。

 

こう書くと本当か?と思われるかもしれませんが、たとえばツイッターでは↓こんな意見↓がありました。

 


 

このように、海外ではネットでの出会いが一般的であることが良くわかると思います。

 

もちろん、パートナーを探すだけではなく、共通の趣味を持つ友達を探す場にもネットは使われており、海外では日本人よりもはるかにネットでの出会いに関する偏見は薄いような気がします。

 

もちろん不純な動機で近づいてくる悪質なユーザーもいますが、現実世界でパートナーを探すよりも、相手の写真やプロフィールを事前にチェックできて、チャットなどを利用してメール交換をすることもできるので、老若男女問わず出会い系サイトを利用している人は、欧米ではとても多いです。

 

ちょっと余談ですが、アメリカではこの出会い系サイトを利用してビジネスを広げている人もいます。つまり、出会い系サイト経由で知り合った人とビジネスをするのです。また、いわゆるヘッドハンターと呼ばれるような人たちも、今やネットの世界で有能な人材を発掘しております。

 

このように欧米では、ビジネスという信頼関係がとても重要な場所でも、この出会い系サイトが利用されているくらいに、出会い系サイトの利用者数がとても多いのです。

 

よく日本人の友人から、「アメリカでは、例えばバーとかで、かわいい子がいたら、何も言わずに1杯奢ってあげて、そこからロマンスが始まったりするんだろ?」と言われたりしますが、あくまでもそのような出会いは、海外でも映画やドラマの中だけの話です。滅多にそのような機会に遭遇することはありません。

 

確かに、バーで出会うことは日本に比べれば多いかもしれませんが、それは欧米人はよくバーに顔を出すからであって、毎回毎回そのようなことが起きるということもないので・・・。なので、多くの欧米人カップルは、出会い系サイトで知り合っていることが多いのです。

 

欧米で出会い系サイトが流行する理由は、もう1つあって、それは欧米人は男女ともに肉食系が多いということです。日本では昨今、草食系男子がとても多くなっているようですが、欧米では男女ともにアクティブにパートナーを探しています。

 

そんな時に、出会い系サイトならば、空いている時間に好みの異性にアプローチをかけることができます。欧米での出会い系サイトの利用方法は、積極的にこちらからアプローチをするための道具として使われているので、登録した後じっと待つ人はあまりいません。このような文化的な差異も、この出会い系サイトの捉え方の違いに影響しているような気がします。

 

ここまで読んできて、外国人と出会うなら出会い系サイトを使えば良いのはわかった。じゃあ、どこのサイトに入会すれば良いの?と思った方に向けて、次の記事で外国人と出会えるおすすめの出会い系サイトを紹介したいと思います。

 

関連記事
日本で外国人と出会えるおすすめの出会い系サイトは?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加