チェコ人女性の特徴・性格・考え方・好むもの

チェコでは、西側半分の地域を「ボヘミア」、東側半分の地域を「モラヴィア」と呼ばれておりますが、この東西で国民性も大きく変わります。

 

私の彼女は、東側地域の「モラヴィア」出身のチェコ人でしたが、彼女や彼女の家族・友人は日本人にとてもよく似ていると、私は思いました。

 

とても礼儀正しく几帳面ですし、少しシャイな部分もそっくりです。また、自己主張も他のヨーロッパの方々よりも強くなく、また日本の文化にあるような「大和撫子」的な女性も多い気がします。

 

他方、西側地域の「ボヘミア」出身のチェコ人の方々は、礼儀正しさや几帳面さは共通するものの、やはり日本人にはない西欧人ならではの自己主張の強さがあると感じました。

 

しかし、自己主張が強いと言っても、隣国のドイツやフランスなどと比べると、そこまで強くはないので、日本人の方でもお付き合いしやすい国の方々であると思います。

 

チェコは歴史的にも、東西の境界線的な国であるため、両側の思想が入り混じっているという感じです。日本人から見ると、田舎っぽさも感じますが、かと言って田舎臭くはないというイメージでしょうか。

 

特に、現代の日本の都会人には忘れ去られたような、「素朴な優しさ」を感じられる彼女でした。

 

また、チェコでは、ビールが特に有名であり、チェコ人はみな夕方ごろから飲み始めます。夕食は自宅で食べるのですが、夜になるとバーなどへ行き、そこで飲むという生活を365日ほぼ毎日しているので、お酒は女性でもとても強いです。

 

彼女とはよくウォッカやテキーラなどでショット勝負するのですが、今まであまり負けたことのない私が、彼女には敵いませんでした。お酒が強い方は、チェコ人とすぐに仲良くなれると思います。気さくな性格を持っている女性が多いので、軽く話しかけて、お酒を小一時間酌み交わせば、すぐに友達になれるからです。

 

ちょっとした記念日でのプレゼントなどにも、お酒やそのつまみとなるナッツやチーズ、チョコレートなどが喜ばれます。サプライズが大好きなので、私は記念日でも何でもない日にいきなりプレゼントを買っていくこともありました。

 

私のイメージでは、田舎っぽい素朴な性格を持つ国の方々は、アウトドアな印象だったのですが、チェコ人はそこまでアウトドアな性格ではありません。休日に公園などに行くことはよくありますが、そこでも読書をしたり、会話をしたりするだけなので、山へキャンプへ行くとか、海へ釣りをしにいくとか、そのようなイベントを行うことはあまりありません。

 

なので、落ち着いた女性を好む方は、ぜひチェコ人の女性をおススメしたいなと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加