カナダ人女性とデートする上での注意点・タブーは?

カナダ人女性は、気が強く喜怒哀楽がはっきりしているので、なるべく相手に合わせることがとても重要です。特に感情のコントロールは、こちらがしてあげるくらいの気持ちで接すると良いと思います。

 

日本人女性にも言えることですが、何か意見を求められたとしても、彼女の意見とは正反対の意見を述べると、テンションが下がってしまうことがあるじゃないですか。それよりもさらに上を行った感じの性格なので、あまり怒っている時は触れないことが良いでしょう。

 

カナダ人女性の場合、基本的に全て彼女がスケジュールや行き先などをコーディネートしてくれますし、そういうことをすることが彼女たちはとても好きなので、そこははっきりと彼女に任せて、身をゆだねてしまうのが良いでしょう。

 

また、タブーと言えば、アメリカ人と同様に扱われることをすごく嫌います。面白いエピソードとして、カナダの空港へ行くと、カナダ人必ずと言って良いほど、彼らのバッグにカナダの国旗のピンバッジなどを付けております。これも、「私たちはカナダ人であって、アメリカ人ではない」という1つの強い意志の表れだと思います。なので、欧米人や北米人など、一括りにするような発言は避けるべきでしょう。

 

カナダは、元々フランス系移民が多く、アングロサクソン系であるイギリスやアメリカを敵視しているところがあるので、そういう意味でもあまり触れない方が良いかもしれません。

 

レディファーストについても、イギリスやアメリカほど明確になっている訳ではないのですが、エチケットとして車のドアは開けてあげたり、エレベーターは先に通してあげたりしましょう。

 

これに関しても面白いエピソードがありまして、彼女が日本に私を訪ねてきてくれた時に、「なんで、日本人のカップルは、エスカレーターで男性が上で女性が下になるケースが多いの?」と聞かれたことがあります。

 

私は最初、何のことを言っているのかわからなかったのですが、彼女曰く「女性が、エスカレーターで下側だと盗撮されたり、身を危険に晒すじゃない。だから、女性は普通、昇りでは先に、下りでは後に、エスカレーターへ通すものよ。」と言っておりました。私も普段から気にもせずに、そのようにしておりましたが、「あの行動には、そのような理由があったのか」と、初めて知りました。

 

初めてカナダ人と付き合う方は、日本人と感覚が違う部分で少し戸惑うかもしれませんが、根はとても明るく素直な人柄なので、「褒めて伸ばす」イメージで接するとよろしいと思います。

 

カナダ人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
カナダ人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加