カナダ人は何語を話すの?英語もフランス語もどっちも話せる?

カナダでは、英語とフランス語が公用語として定められておりますが、州によってその様相は大きく異なります。

 

基本的に、西海岸よりは英語が主に話されており、東海岸よりはフランス語が主に話されております。

 

特に、カナダの首都であるオタワや東側のケベック州では、フランス語話者が多く、ケベック州に至っては州の公用語がフランス語となっております。日常生活では、どこの州に滞在しても行政サービスは全てこの両国語が使用できるので、仮にフランス語が出来なくても、英語のみで生活することが出来ます。

 

カナダの小学校では、西海岸地域であってもフランス語の授業がしっかりあるので、両方の言語を話せる方々もとても多いです。私は、幼少期をオンタリオ州のトロントで過ごしましたが、学校ではフランス語を話し、自宅では英語を話す生活をしておりました。しかし、中学生になると、私の住んでいた地域では、フランス語を話す機会も減り、勉強することもほとんどないので、忘れてしまう方が多い様です。

 

トロントは、どちらかというと東海岸よりの都市ですので、まだフランス語を話せる方々も多いのですが、西海岸の方へ行くと、ほとんど話せない方々が多いと思います。

 

私は、大学生活を西海岸地域の最大都市バンクーバーで過ごしましたが、全くと言ってよいほど、フランス語は耳にしませんでした。どちらかと言うと、香港人の移民が多い地域なので、中国語の方がよく耳にしました。

 

道や看板などの表記は、英語とフランス語で書かれることが普通なので、ケベックなどの東海岸地域に行っても、さほど困ることなく過ごせるでしょう。

 

東西で言語的な違いが多少ありますが、文化の違いもあって、ケベックは特に特殊な州となっております。そのことが原因で、よく独立騒動も起きておりますが、今のところカナダ政府と友好的なので、独立することはないのではないかなと、私は思います。

 

ちょっと興味深い話として、カナダはフランス系移民が多い国ですが、北部へ行くとイヌイットなどの先住民の方々が多く住まわれており、その地域では民族ごとに全く違う言葉を話されております。

 

近頃は、北部地域の産業があまりに少なく、南下してくる先住民の方々も多いので、トロントやバンクーバー、オタワなどの大都市に、普通に先住民の子孫の方々が生活していたりもします。私の友人にもそのような方がおり、家では自身の母語を、社会では英語を使っております。そのような先住民を祖先に持つ方々と都市部で出会うことができるのも、カナダの面白さであると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加