カナダ人と付き合ってカルチャーショックを受けたことは?

カナダ人は、日本人と違う部分が多々あり、驚かされることも多いです。

 

まず、入浴についてです。多くの日本人は、毎晩お風呂に入ると思いますが、カナダ人は毎日お風呂には入りません。湯船に浸かることも少ないです。単純にお風呂嫌いなのかというとそうではなく、ただ単に毎日入ることが面倒くさいというだけです。

 

しかし、カナダには意外とたくさん温泉があります。多くのカナダ人は、水着を着て入ることが普通なので、混浴温泉が一般的ですが、温泉好きのカナダ人はとても多いです。したがって、カナダ人は本当にお風呂が嫌いなわけではなく、面倒くさいだけなのです。

 

私も、彼女とカナダの温泉にも、日本の温泉にも行ったことがあります。日本の温泉に行った際は、同性とはいえ、初めて裸で入るお風呂だったこともあり、最初は緊張しておりましたが、「あの温泉は、本当に気持ち良い」と言って、泊まっている間に何回も温泉に入っておりました。

 

また、私の周りだけかもしれませんが、カナダ人はあまり夜にお風呂に入ることは少なく、朝の出勤や通学前にシャワーを浴びるという人が多かった気がします。

 

カナダは、冬場にとても寒くなるので、虫がとても少ないのですが、そんな虫を女性でも怖がらずに素手で捕まえます。私は、男ですが大の虫嫌いなので、想像するだけでも悍ましいのですが、彼女たちは普通に素手で捕まえており、「ワイルドだな」と思いました。

 

カナダには、カトリック教徒が多いということもあり、十字を切る場面をよく目にします。実は余談ですが、プロテスタントの方々は、胸の前で十字を切りません。よく南米のサッカー選手が、得点を決めた時にやっておりますが、それは南米はカトリックが多いからなのです。

 

アメリカはプロテスタントの国ですので、あまりそのような光景は目にしませんが、カナダではよく目にするという部分も、日本人の方から見ると驚くポイントでしょう。

 

これはカルチャーショックと言えるほどのものではないかもしれませんが、カナダ英語は、イギリス英語とアメリカ英語をミックスしたような言語です。詳しく説明すると、発音はアメリカ英語ですが、綴りはイギリス英語なのです。

 

例えば、「センター」という単語はアメリカでは「CENT"ER"」ですが、カナダやイギリスでは、「CENT"RE"」と綴ります。ですので、アメリカ英語の綴りに慣れている日本人には、少し違和感があり、カルチャーショックになるかもしれません。発音は同じなので、安心してカナダ人との英会話を楽しんでいただきたいです。

 

カナダ人との出会いを探してる方におすすめの記事はこちら
カナダ人と出会えるおすすめの出会い系サイト・アプリは?

このエントリーをはてなブックマークに追加