ベルギー人の宗教は?

ベルギーでは街のあらゆる所に教会を見かけるように、ベルギー人は主にキリスト教の人が多いようです。

 

けれども日本と同じように信仰心の強い人とそうでない人が居るように、ベルギーでも実はキリスト教徒だけれども全く気にせず生活をしている人が多いです。

 

信仰心の強いキリスト教徒のベルギー人は日曜日に教会に行ったりと言う事もしているようですが、それ以外の人達は全く気にしていません。家族によるとも思いますが、人それぞれといった感じです。

 

なので一般的なベルギー人の家庭では例えばクリスマスでも宗教がどうのこうのと言うよりも家族で集まって家族皆で食事をして、プレゼントを交換して会話を楽しむ感じです。

 

また、ベルギーにはクリスマス前にサンニコラという日が有って、子供たちはサンタクロースのようなサンニコラからプレゼントをもらうので、ベルギーの子供達はサンニコラの日が過ぎると、クリスマスのサンタクロースからもプレゼントが貰えるので、子供たちにとっても大人たちにとっても12月は大忙しの月になっています。

 

年末年始については、12月31日だけは、家族で集まって食事をしたり、友達同士で集まって食事をしてカウントダウンをしたりといった感じで盛り上がりますが、お正月はベルギーでは特別なイベントもなく、日本人からすれば何だか寂しいお正月に思えてしまいます。

 

そしてもう一つベルギー人にとって大きなイベントと言えば、イースター祭です。

 

イースター祭では一般家庭や学校で色を塗った卵を作ったり、チョコレートエッグを庭などに隠して、子供たちが探しに行くと言うように、これもどちらかと言うと子供たちの一大イベントとなっています。なので、イースター祭が近づくと街中のスーパーでチョコレートエッグが盛大に販売されます。

 

イースター祭も一般家庭ではどちらかと言うとイベントとして行われているので殆ど全く宗教的なイメージは有りません(信仰心の強いベルギー人の間では教会に行ったりもする事も有るようです)。

 

あと、ベルギー人が結婚式を行う場合には、普通市役所で結婚の儀式を行ってからその後教会で結婚式をするケースが主なようです。教会で結婚式をするからといって別に熱心なキリスト教徒というわけでもなく、これが一般的な結婚の形なようです。なので、私自身、ベルギーに数年住んでいますが、これといって特別に宗教的なイメージを持った事は有りません。

 

また、私の場合ですが、ベルギー人の知人の家に行った時も全く宗教的な物は家に置かれていないので、ベルギーに住んでいて宗教が何とかは全く気になった事が有りません。

このエントリーをはてなブックマークに追加