アメリカ人と上手く付き合うコツは?

お付き合いをしていく中で文化の違う国で育った者同士もちろん理解できないことや、うまくいかずに悩むこともたくさん出てきます。そういったときに押さえておくと二人の関係をさらに深くしてくれるようなコツをお伝えします。

 

*言語の努力

お互いの言語が違う場合一番ストレスを感じるのが言葉の壁だと思います。彼が日本語に興味があったり、日本文化などに理解がある場合はとても協力的なことが多いですが彼が英語のみを話す方の場合はお互いの努力が必要不可欠になります。

 

私たちはネイティブではありませんのでどうしてもネイティブ同士だと使わないような表現をしてしまうことがあります。そういうことが引き金で勘違いが起こり喧嘩になってしまうこともあるため、そういった溝を少しでも埋めるためにはやはり英語の勉強が必要になってきます。

 

*自分の意見はきちんと伝えること

アメリカ人男性は「以心伝心」という感覚を日本人のように持ち合わせているとは言えません。日本人男性なら言わずとも理解してくれるようなことでもわかってもらえないことが多いです。ですので自分の思ったことや意見などは必ず口に出して相手に伝えましょう。

 

しかし相手も同じように自分の意見をあなたにぶつけてくるでしょう。言いたいことを言いたいだけ言われると、とても辛いこともあるかもしれませんがそのことについてもあまり気にやむ事はありません。初めは私自身もいちいち傷ついていましたが言った本人があまり気にしていないことに気づいてからは私も気にすることをやめました。

 

この意見を伝えることに慣れると日本人同士のお付き合いの中での「言わなくてもわかってくれて当たり前」という感覚から抜けることができてとても楽に感じる部分もたくさんあります。お互いが言いたいことを言える正直な関係づくりができると常に相手に正直にいれるため、私は自分の中に溜め込まずに言いたいことは伝え合う方が良いと思うようになりました。

 

*形にこだわらない

日本式のお付き合いに慣れている私たちは「告白」などの「付き合う事への証明」のようなものを求めてしまうことが多いです。

 

しかし、アメリカ人男性とお付き合いするのであればそういった小さなことを気にしていくと、とてもストレスフルになります。相手は日本人ではありませんし、日本のことをあまり知らない人もいます。そのような相手に自分の「日本人としての」価値観を押し付けてしまうとうまくいくものもいかなくなる可能性が出てきます。

 

あまり形に囚われず、焦らず、気楽に構え、相手のリズムに合わせてあげられる余裕ができると自分自身がストレスを感じることなく良い関係を築いていけると思います。

 

愛の形というのは国によって本当に様々です。大きな心を持って相手に接するのがアメリカ人男性とのお付き合いで一番大切なことかもしれません。皆さんも、一つずつ文化の違いを乗り越えて真実の愛にたどり着けますように!

このエントリーをはてなブックマークに追加