アメリカ人の食生活

日本で知られるアメリカンフードといえば、ハンバーガーやフライドポテトなどの「ファストフード」ですが、手軽でいつでも食べられるという理由で子供からお年寄りまで、あまり抵抗もなく多くの人に親しまれています。

 

レストランで提供されている食品やメニューは日本の1.5~2倍はあり、まさにアメリカンサイズで、平均的な日本人が食べきれる量ではありません。

 

とはいえ、アメリカにはスーパーで電動カートが必要なほど体の大きな方から、細身の方までいろんな体格の人がいますので、基本的に食べ残した料理は持ち帰ることができます。

 

また、宗教上の理由で食物が制限される人や多くの人種が混在している国ですので、手に入る食材やレストランのメニューはかなり豊富で多様です。

 

巨大な牛肉ステーキを甘いオレオシェイクで流し込むようなハイカロリーな食事もあれば、ベジタリアンやヴィーガン(完全菜食主義者)向けの豆腐ハンバーグにサラダなどの健康的な食事もあり、個々のアメリカ人の食生活に対応できるようになっています。

 

ちなみに私の主人は朝食にパンケーキ(ワッフル、トースト)やシリアル(オートミール)等を主食に卵料理やベーコン(ソーセージ)を食べ、昼食にサンドイッチとサラダを買い、夕食は肉料理をメインにジャガイモ料理、野菜類を食べるのが好きです。彼にとっては幼いころに慣れ親しんだ田舎料理の定番だそうです。

 

しかし、日本のように主食や主菜(副菜)、汁物やデザートなど、毎食の栄養バランスを考え献立を立てる習慣はありませんし、お弁当を持参する文化もほとんどありません。

 

以前、アメリカのミドルスクールにお邪魔した時も、給食はジャンクフードが中心でとても「食育」とは呼べない内容でしたし、お母さんが固定して料理を作る文化や子供にバランスのとれた食事を提供するべきといった考えがないので、日本と比べれば簡単な食事も多く、食材が偏っている可能性は高いと思います。

 

また、国際色豊かなアメリカは様々な国の料理に需要があり、特に中華料理(パンダエキスプレス)やメキシコ料理(タコベル等)は人気が高く、他にも外国料理のファストフードのチェーン店は至る所にあります。

 

日本料理店もアメリカにはたくさんありますが、アメリカ人の好むテイストにアレンジされていたり人気メニューだけ置いているお店が多く見られます。日本食の中でも、寿司や揚げ物、麺類、ご飯(特におにぎり)を好むアメリカ人は多く、友人の家に遊びに行った時に手巻きずしやトンカツ、てんぷらなどを作ると大変喜ばれました。

 

一方、アメリカ内陸に住んでいる友人で生魚には毒があるからあんまり食べたくないと冗談半分で話す人や、日本にいるのにいつもマクドナルドに通っている人など、日本の食文化に適さない人ももちろんいます。

 

しかし、お互い違う食文化を持っているからこそ、好きな食材を探り合ったり、新しい味に出会ったりするのが、大きな楽しみの一つでもあると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加